茨城県でのママ活をしたい方のために送るお役立ち情報を紹介!

茨城県でのママ活をしたい方のために送るお役立ち情報を紹介!

読みたい項目をクリック

茨城県のママ活相場を把握して納得できる関係を作る

茨城県のママ活相場を把握して納得できる関係を作る

関東地方の北東部に位置するのが茨城県です。

海と山に恵まれ、工業や農業さらには酪農と盛んな地域でもあります。

アクセスも決して悪くないためにママ活もしやすい環境です。

ここでは、そんな茨城県でのママ活相場をチェックしていきましょう。

顔合わせ

ファーストデートの「顔合わせ」と称して短時間デートをします。

カフェでお茶程度と考えると分かりやすいかもしれません。

平均相場は3千円~5千円ほど。

時間や内容によって多少は異なります。

時間平均は1時間~2時間ほどで、時間が長くなるほど、対価も高くなるのです。

食事デート

ランチディナーをママとともに食べるママ活です。

平均相場は5千円~1万円ほど。

平均時間は2時間~3時間半が目安です。

アルコールが入ると時間も長くなったり、ママの気分が盛り上がるとプラスアルファで対価が受け取れる可能性もあります。

なお、食事代金はすべてママが負担します。

短時間デート

ショッピングドライブなど数時間から半日程度の時間をママと過ごします。

平均相場は5千円~1万円程度。

セレブママであれば2万円近くとなる場合もあるのです。

内容によっても多少異なるのが短時間デートの特徴。

1日デート

一般的な恋人同士のデートと考えると分かりやすいかもしれません。

ランチ&ディナーを共にすることもあるのが1日デート。

泊りはしないものの、ある程度の時間は一緒に過ごす事となります。

平均相場は1万円~3万円ほど。

1日デートにおいても内容によって異なる場合があります。

平均時間は8時間~10時間前後が目安です。

お泊りデート

ある程度関係が深まれば、お泊りデートをすることもあるのがママ活。

もちろん、強制ではありませんので「お互いの条件が合致」すれば行う形です。

平均相場は3万円~5万円ほど。

24時間一緒に過ごすこともあるために、相場も高めとなっています。

プラスアルファでお小遣いやプレゼントをもらえるケースも少なくありません。

平均的な茨城県でのママ活相場を確認していきました。

首都圏と比較をすると少し低めに感じるかもしれませんが、それでも男性側が満足できる相場を保っています。

あくまで目安ですから、この限りではありません。

数を重ねると、各ママ活スタイルにおける対価も高くなるでしょう。

茨城県でママ活をする際に利用したいママの探し方と出会い方をピックアップ

茨城県でママ活をする際に利用したいママの探し方と出会い方をピックアップ

茨城県でのママ活をしたいと考えている場合、まずはママ探しをする必要があります。

ママ活経験がなければ、どのような方法でママを探せばよいのか分からないかもしれません。

ここでは、茨城県のおけるママの探し方や出会い方をいくつかご紹介します。

ナンパ

出会いの方法としてはママ活問わず王道といえるかもしれません。

「ママ」を狙うのであれば、特におすすめしたいのが水戸市にある水戸プラザホテル

日中はカフェとして夜はバーとして営業しています。

セレブママが1人で立ち寄ることも多いスポットです。

その他にも、ターミナル駅周辺も狙い目。

また、筑波山や大洗サンビーチなど観光のために訪れるママを狙うのもおすすめ。

継続的な関係にはなりにくいものの、その日限りのママ活をしたい場合には良い方法です。

SNSを利用する

無料で登録ができて、パソコンからでもスマートフォンからでも簡単アクセスできるSNS

友達を作るような感覚でママ活ができます。

ハッシュタグを利用してママ探しや募集ができるのも大きな特徴。

個人的なやり取りができるメール機能が各SNSには用意されているので利便性も抜群です。

また、ニックネーム登録可能ですから匿名性もじゅうぶん。

ただし、SNSによってはママ活を禁止しているものもありますので隠語を利用したり、個人的なやり取りがスタートしてから条件交渉などを行うよう気を付けなければなりません。

出会い系サイトやマッチングアプリ

効率的にスピーディーにそして、確実にママを探したい場合に役立つのが出会い系サイトマッチングアプリです。

登録そのものは無料で、基本的にはポイント制を導入しています。

新規登録者であれば登録後に無料特典やポイントが付与されるところも多いので、それらを上手に活用すると良いでしょう。

移動時間や寝る前の時間など「少し空いたタイミング」でママ探しができるのも大きな魅力。

茨城県全域で探すことも可能ですし、水戸市やつくば市、日立市と地域絞ってママを見つけることも可能です。

今すぐにでも始められるママの探し方や出会い方をご紹介しました。

自分自身の生活スタイルや魅力的だと感じたものを取り入れてみて下さい。

いずれの方法においても、受け身になるのではなく積極的にアプローチをすることが大切です。

茨城県で使えるママ活サイトやアプリのおすすめ情報

茨城県で使えるママ活サイトやアプリのおすすめ情報
茨城県でママ活をしたい場合、サイトやアプリを活用する方も増えています。

とはいえ、数多くサイトやアプリはリリースされているため何を選んだら良いのか分からないかもしれません。

安全で優秀なサイトやアプリはたくさん存在していますが、ここでは4つおすすめを紹介していきます。

Jメール

Jメールに登録している女性の年齢層は20代~40代。

この年齢層を見ると、ママ活がいかにしやすいサイトかが分かります。

パソコンからはもちろん、スマートフォンアプリ版もリリースされているので利便性も抜群です。

掲示板機能が充実していて、「誘い飯掲示板」は特におすすめ。

多くのママ希望女性が書き込みを行っています。

インターネット威勢紹介事業届け出済の安心サイトですから、初めてのママ活の方にもピッタリです。

また、共通の趣味などで盛り上がれるコミュニティ機能もあり、自然と話の合うママを探すこともできます。

ワクワクメール

ユーザー数800万人を超える大手の出会い系サイトです。

女性会員の年齢層が若すぎないために、ママ活がしやすいのがおすすめの理由です。

キーワード検索機能が導入されていて、ママを連想させるワードを入力して探せるのも高ポイント。

会員登録時には身分証明書の写真を送付する必要があるので、安全性も抜群

サクラや悪徳業者に騙されることなくママ活ができます。

PCMAX

運営スタートから15年以上という老舗の出会い系サイトです。

出会いに積極的なアクティブユーザーが多いので、マッチングがしやすくより理想のママを探しやすい環境が整っています。

出会いの書き込み募集は1ヶ月で85万件にものぼるPCMAX。

以前は20代~30代女性が多い傾向があったものの、現在では40代~50代の女性も増えています。

ママを探したい方でもスムーズな出会いが求めやすいのです。

ハッピーメール

会員数が2500万人を超えているハッピーメール

会員数ばかりではなくアクティブユーザーが多いこともママ活に使えるポイントです。

女性と男性会員数がほぼ半々ですから、「登録したけれど女性が見つからない」というこがありません。

真面目なお付き合いというよりもラフで遊べる相手を探している女性が多いのもまたおすすめできる点です。

ママ活目的の女性も多く利用している傾向があります。

4つのサイト・アプリをご紹介しました。

いずれも利用しやすくさらには安全で優良なものばかりです。

婚活専門などとは異なりますので、ママ探しにはおすすめできます。

気軽に始めることができますから、お気に入りの1つを選んでみて下さい。

茨城県でのママ活はおすすめできる理由をご紹介

茨城県でのママ活はおすすめできる理由をご紹介
首都圏と比較をすると相場は低くなってしまいますが、引けを取らない対価を受け取れるのが茨城県です。

また、ママ活をしたい方にもおすすめできる地域となっています。

ここでは、なぜおすすめできるのかについてご紹介していきましょう。

リッチなママが多くいる

実は茨城県はリッチなママが多くいる地域でもあるのです。

効率的にママ活をすることができます。

水戸市やつくば市は特に経営者ママ経済的に余裕があるママが多く傾向にあります。

効率的なママ活をしたい方にも茨城県はおすすめ。

年下男性を好む女性が多い

茨城県の女性は県民性の1つして「母性的」というものがあります。

農業や酪農さらには漁業も盛んな地域であることから、女性はどちらかというと「縁の下の力持ち」になる傾向があるのです。

このことから、自然と母性的になったと考えられています。

助けてあげたい、守ってあげたいと思いやすいのもまたママ活をしやすい環境要素の1つ。

地域の特性を活かして探しやすいのです。

出会いを求める女性が多い

都心にも比較的アクセスが良い茨城県ではありますが、東京や大阪などと比較をすると出会いのチャンスはどうしても少なくなってしまいやすいのです。

また、周りの目を気にしてなかなかアクティブに動けない女性も少なくありません。

周りに知られる可能性が低くチャンスを掴みやすいサイトやアプリを利用してママとなれるパートナー探しをしていることが多いのです。

出会いを求める女性が多いのは、ママ活希望の男性にもピッタリの環境といえるでしょう。

なぜ茨城県がママ活するのにおすすめできるかが分かったのではないでしょうか。

食事から観光スポットさらには都会的な楽しさも堪能できる茨城県。

いざという時の立ち回りもしやすい県でもあります。

茨城県のママの特徴とは?

茨城県のママの特徴とは?

茨城県でママ活を行う前に知っておきたい事があります。

それが「ママの特徴」です。

ママ活を希望している女性全体的に家る要素もたくさんあるのですが、茨城県のママだからこそという特徴もたくさん。

ここでは、そんな茨城県のママの特徴を確認していきます。

見栄を張る傾向がある

見栄っ張りと聞くと良いイメージがないかもしれません。

しかし、ママ活をするならこうした要素は男性にとっては好都合

特に日立市やひたちなか市がある北部のママはこの傾向があるとされています。

県民性の1つなのですが、江戸時代「水戸藩」であったことの名残と考えられているのです。

忠誠心が強い

特に中央地区(水戸市)は忠誠心が強い県民性を持っているとされています。

今でも茨城県の一大都市ともいえる中央地区。

経営者ママや自立したママが多い地域でもあります。

男勝りな部分もあるのですが、根は真面目で忠誠心が強い傾向も特徴の1つ。

継続的な関係になりやすいのです。

穏やかな精神性を持っている

サイトやアプリで優しいなと感じることが多いのも茨城県のママの特徴。

特に東部・西武・南部エリアはおっとりとした性格である性質があります。

安定的な関係や癒しを大切にしたいと考えるのもまた特徴です。

いくつかのエリアに分けてママの特徴を確認していきました。

現代的な要素を持ちつつも、どこか古風な魅力あるママが多くいるのが茨城県と言えます。

ママとのキッカケが生まれたら、この特徴を抑えてやり取りを進めていくと、より順調に関係を重ねることができるでしょう。

茨城県おすすめのママの職業と年収を確認

茨城県おすすめのママの職業と年収を確認

茨城県でも満足できるママ活をしたいと考えるのであれば、ママの職業や年収に注目してみるのも良いかもしれません。

ママと自分自身との相性ももちろん大切ですが、これから探したい場合には参考に出来る要素です。

ここでは、茨城県のおすすめママの職業と年収をご紹介していきます。

経営者

特に中心部の水戸市には女性経営者が多くいる地域です。

30代以降の女性が多いのも特徴。

平均年収は1200万円~1億円ほど。

かなりリッチなママということになります。

日頃は損得や経営を考えてタイトに仕事をこなしている分、癒しを求めてママ活をしたい女性も多いのです。

公務員

真面目イメージが強い公務員

ママになる女性は少ないのではと思うかもしれません。

茨城県は、研究学園都市でもあるつくば市があるのでリッチな公務員ママも少なくありません。

もちろん、役所などに努めているママは各地域にいます。

真面目な業務内容でかつ時には残業も多くストレスもたまりやすい仕事。

だからこそ、それを発散するためにママ活を行う傾向があります。

平均年収は400万円~700万円ほど。

役職や勤め先によってはそれ以上の収入がある女性も多いのです。

会社員

茨城県中心部には企業がたくさんあります。

一流企業もまた多いために、会社員ママも狙い目の1つ。

結婚後も現役として業務をこなしている女性も少なくありません。

平均年収は250万円~500万円ほどです。

主婦

兼業専業問わず主婦もまたおすすめのママです。

年収そのものは扶養されていれば兼業でも130万円ほどの年収となります。

しかし、経済的に裕福であればママ活に対しても積極的。

関東地域の中でも、1人1台は車を所有していることが多いので、自由度も比較的に高い立場ともいえるのです。

おすすめのママの職業と年収を確認してきました。

あくまで一部ですのでこの限りではありません。

収入に注目をすると、条件交渉の際に役立つことも少なくないので頭に入れておいて損はないでしょう。

茨城県ママとデートをする時に使えるスポット

茨城県ママとデートをする時に使えるスポット

茨城県のママとのキッカケが掴めたら実際に会うことになります。

最初は顔合わせ程度のこともあるかもしれませんが、先を考えてデートスポットをチェックしておくのもおすすめです。

「分からない」「どこでもいい」では印象も下がってしまいます。

そこでここでは、茨城県のママとデートをする時に使えるスポットをご紹介しましょう。

アクアワールド茨城県大洗水族館

茨城群大洗町にあるのがアクアワールド茨城県大洗水族館です。

中心部から少し離れているものの、ドライブデートや人目を気にしたくない場合に使えるデートスポットでもあります。

巨大水槽があり、幻想的なムードの中で魚たちを見ることができます。

また、アシカやイルカショーも開催されているので童心に帰ってママと楽しむのもおすすめ。

水族館内にはカフェテラスがありお食事も楽しむことができるのです。

偕楽園

茨城県の有名観光スポットの偕楽園

水戸市常磐町にあります。

日本三大名園としても知られる場所で、大人なママとの落ち着いた時間が過ごせます。

梅の花が咲く季節は特に素晴らしく、それ以外にもサクラや藤・萩と四季折々の風景が楽しめるスポット。

少し離れた所にある「もみじ谷」は紅葉に季節であればライトアップされるので夜デートにもおすすめです。

イーアスつくば

つくば市研究学園にあるショッピングモール

お買い物デート急なデートの予定が入っても対応できるスポットとしておすすめです。

さまざまな店舗が入っていて、さらにはカフェや食事もできますから1ヶ所で満足できる時間を過ごすことができます。

また、映画館も入っているのでママとの映画デートも良いかもしれません。

駐車場も完備されているので、車でのアクセスもしやすいスポットです。

筑波山

つくば市にある有名な山です。

「西の富士山、東の筑波山」と言われるほどの美しさを誇ります。

登山をするのではなく、駐車場周辺でも絶景を楽しめたりお茶をすることも可能です。

また、ケーブルカーやロープウェイがあるので山頂へのアクセスも抜群

ママと一緒に絶景を楽しみ癒しとストレス解消の時間を過ごすのも良いでしょう。

人目に付きにくく、周りにバレにくいママ活スポットでもあります。

笠間芸術の森公園

笠間氏にある笠間芸術の森公園は、北関東自動車道友部インターチェンジから10分というアクセスのよい場所にあります。

美術館から陶芸体験ができる公園でとても広く駐車場台数も多いのが魅力ポイント

カフェも併設されていますので、休憩や軽食に利用できます。

芸術や美術が好きなママや、のんびりした時間を過ごしたいママとのデートに使いたいスポットです。

あらゆるスポットがある茨城県。

王道スポットからまったりデートまでさまざまなスタイルで楽しむことができます。

ママの好みや天候などを把握しておけば、よりスマートな提案ができることでしょう。

「どこかへ連れて行って」と言われた際にぜひとも参考にして下さい。

茨城県のママとデート食事する時におすすめしたい店

茨城県のママとデート食事する時におすすめしたい店

茨城県でのママ活で多いスタイルが「デート食事」です。

短時間でかつ効率的なママ活ができるので、男性にとっても嬉しいスタイルと言えるでしょう。

ママがお店を選ぶこともあるものの、振られた時のためにいくつかの食事スポットを抑えておくのがおすすめ。

そこでここでは、茨城県のママとデート食事をする時におすすめしたい店をご紹介します。

プラネタリウム焼肉 72&Bar B

つくば市吉瀬にあるのが少し変わった焼き肉店「プラネタリウム焼肉 72&Bar B」です。

ここでしかない世界初めてのプラネタリウムが設置されている焼き肉店

星空を眺めながら焼き肉が食べられるというロマンティックな時間を過ごすことができます。

味についてもお墨付き。

プロがコア買いした美味しいお肉ばかり。

シャトーブリアンからホルモンさらにはクッパなどおすすめメニューも盛りだくさんです。

常陸の凡

水戸市小吹町にある和食料理店

一件やレストランで座席数はわずか3席。

誰にも知られることなくママとのデート食事ができるお店です。

丁寧に作られた本格的なコースを楽しむことができて、地場で採れた野菜や冬には牡蠣鍋なども大人気。

常陸牛のステーキや国産ワインからデザートまでママが喜んでくれるメニューが豊富です。

霞月楼

土浦市中央にある料亭です。

ママとのデート食事におすすめしたいポイントは「完全個室」という点。

ワンランク上の料亭ではあるものの、秘密が厳守できるので周りの目が気になるママとも訪れたいお店です。

庭園を眺めることもできますから大人の時間が過ごせます。

地酒やワインのメニューも豊富で、月ごとにコース内容が変わるので、何度足を運んでも新鮮な気持ちになれることでしょう。

アグレアブル

水戸市南町のビルの地下にあるお店です。

アラカルト料理は本格的な魚や肉さらにパスタなどが用意されています。

ソムリエとソムリエールが常駐しているので、お酒が大好きなママも大満足のハズ。

地場の野菜からフランス産のカモ肉などさまざまな味覚が堪能できるお店です。

寿多庵

茨城軍大洗町にある蕎麦と割烹そして茨城名物のあんこう鍋が食べられるお店です。

蕎麦は常陸秋そばを使用した手打ち。

店内は囲炉裏やお座敷などさまざまで、個室も完備

プライベートな時間を過ごすことができます。

大洗駅から車で10分ほどというアクセスの良さもおすすめポイントです。

いくつかのお店をご紹介しました。

茨城のママとだからこそ行きたいお店からたくさんあるとお分かりいただけたのではないでしょうか。

ママの好みや人目に対する配慮をしながらお店を選んでみて下さい。

茨城県のママの落とし方ポイント

茨城県のママの落とし方ポイント

茨城県のママとやり取りが始まれば、気に入ってもらう必要があります。

対応の基本などはあるものの、落とし方のポイントを確認しておけばより成功確率もアップします。

ここでは、そんな茨城県のママの落とし方ポイントをご紹介します。

ママの気分を良くさせる意識を持つ

ママ活をするにあたり「この人ともっと一緒にいたい」と思ってもらう必要があります。

保守的でかつ根は真面目な県民性を持つ茨城県のママ。

一度そう思ってもらえたら対価がアップしたり継続的な関係にもなりやすく、落としやすくなるのです。

ネガティブな話をするのでは無く、ママと一緒に笑いあえるような内容を心がけて下さい。

また、ママの話を好意的に聞くことも大切なポイントです。

時には褒め言葉も盛り込みつつ、ママの気分を上げていきましょう。

ママとの関係は内緒にする

やり取りをしている段階から「関係は内緒」という事は心得ておきましょう。

中心部以外の地域にいるママは、周りの人の目が気になりがち。

万が一バレてしまったらと考えていることも多いのです。

このことから、絶対に秘密を守る誠実さを持っていることをアピールしていきましょう。

応援したいと思ってもらうようにする

ママは自分が癒されたいからという理由でパートナーを探すこともあります。

しかし、対価が生まれることから「応援したい」と思える男性を探す傾向が強いのです。

茨城県のの女性は支える心が強い県民性。

ですから、応援したい何かがあると思わせることが大切です。

夢に向かって頑張っていることをアピールするのも良いですし、将来についてや野望があれば話をしてみて下さい。

いくつかのポイントをご紹介しました。

小さな心がげでママを落とすことができますので、やり取りがスタートした段階から意識をしておきましょう。

茨城県のママ活体験談

茨城県のママ活体験談

茨城県でのママ活体験談を確認すると、そのコツや流れが見えてきます。

参考の1つとできますので、ここではママ活体験談をご紹介しましょう。

ワクワクメールでママ活大成功

茨城県取手市に住んでいます。

ママ活をしたい理由は、イラストでご飯を食べていきたいという夢のサポートをしてくれる人が欲しかったからです。

口コミ評価も高かったワクワクメールに早速登録。

最初は上手くいかないこともあったのですが、守谷市に住んでいるママとの出会いがありました。

しばらくはメッセージ機能でやり取りをしていたのですが、2週間ほどして会う事になり個人的な連絡先を交換。

20代後半の独身ママで、人目はあまり気にならないようでした。

守谷駅で待ち合わせをして、ショッピングモールを歩いたりお散歩デート

何気ない会話が距離を縮めてくれたように感じます。

ランチはママおすすめの薫風飯店という中華料理店へ。

庶民的でありながらもとてもおいしいお店でした。

お酒を飲んで有名だという麻婆豆腐を食べてまた少し駅までお散歩

そしてバイバイしました。

あっという間に終わった初めてのママ活

時間にしたら2時間半程度だったと思います。

それで「今日は楽しかった」と1万円もくれました。