ママ活ができる年齢事情について解説

男性が、経済力のある女性から支援してもらうママ活。
日ごろのプレッシャーや責任感から解放され、「癒し」を求める闘う女性たちは、ママ活男子の適齢期をどのように見ているのでしょうか?

今回の記事では、ママ活と年齢の関係について深堀してみたいと思います。

今からママ活を始めようと思っている人は、年齢によってどのような結果になり、どのような事を求められるのかを学んでいただければと思います。

ママ活は年齢によってアプローチが異なる

最近ママ活を考えているんですが、そういえばママ活っていったいどのくらいの年齢が稼げるんだろうって気になったんですけど
管理人
ママ活において年齢は重要な要素ですね。年齢によってどのような特徴があって、何を求められているかは違いますからね
今後の参考にしたいので是非教えてください!!
管理人
わかりました。自分がどんなことに気を付けるべきか学んでくださいね

ひと言で「ママ活」とは言っても、10代の男性が行うママ活と、40代の男性が行うママ活では、求められるモノが全く異なります。

10代にあって40代には無いモノ。

40代にはあって10代には無いモノなど、それぞれの年代によって、ママに提供できるコトは当然変わってきます。

あなたがもし、呑み屋さんに行った時、若い女性が揃うキャバクラに求めるコトと、経験豊富な女性が揃うスナックに求めるコトは違いますよね?

これと同じで、ママも男性に求めるコトはマチマチで、逆に言うと、ママが何を求めるかによって、選ばれる男性の年代も変わってくるという事です。

では、ママ活を行う女性はどのような事を求めていて、どの年代に序用があるのでしょうか?

一番やりやすいのは20代

ママ活を行う上で、最も需要があるのは、圧倒的に「20代」の男性です。

やはり多くのママは「若さ」に魅了されます。

肉体的にも一番アブラの乗った年齢であり、大人としての嗜みや色気などもどんどん身に着けていく一番伸び盛りな年代です。

男性としての魅力をたくさん備えた20代は、最もママ活を行うピークと言えるでしょう。

40代でもママ活は可能

前項では、ママ活を行う上で最も需要がある年代は20代だとお伝えしましたが、では40代の男性はママ活を行う事は不可能なのかと言うとそうではありません。

40代には40代の魅力があり、20代の男性には決して醸し出せない安定感などがあります。

ですが、20代に比べて「若さ」が失われているのも事実です。

よって、「若さ」を望むママが多い事から、全体的な需要としては当然少なくなります。

ですが、その分ライバルも少ないというメリットもあり、40代の男性を望むママに出会えさえすれば、最高なママ活ライフを送る事が出来るでしょう。

10代のママ活

ママ活では「若さ」が多くの需要を生みます。

その為若ければ若いほどママ活を行う上では有利だと思う人も多いのではないでしょうか。

ですが、実は一概にそうとは言えません。

この項では「10代のママ活男子」にフォーカスしてお話していきます。

「若さ」が圧倒的なアドバンテージに成りうる10代のママ活男子を取巻く背景とは?

詳しく見ていきましょう。

意外に需要の少ない10代

顔もまだあどけなさを残し、肌はすべすべで張りがあり、おやじ特有の嫌なニオイなど一切醸し出さない、初々しい「10代男子」は、ママたちのハートを打ち抜くアイドル的存在!!…

と、言いたいところなのですが、実は意外にも、そこまでの需要があるワケではありません。

当然、ママ活を行う女性からすると、息子ほどの年齢の男の子に対して、「応援してあげたい」「守ってあげたい」と思う女性は多いです。

やはり女性はこのような年齢の男の子に対して「母性本能」が擽られます。

ですが、ママ活を行う上では、それを凌駕するほどの「リスク」が存在します。

というのも、そもそも10代は未成年であり、保護者の監督下にあります。

たとえママ活を行う同士の間で同意が成立していたとしても、保護者が「騙して誘った」と訴えると、体の関係を持たなくとも、「誘拐罪」などの罪に問われたり、体の関係を持っていたとするならば「児童買春法」「青少年保護育成条例」などの罪に問われかねないという危険が孕んでいます。

また、多くの10代男子は「学生」である事が多く、学校側の校則において「不純異性交流」と判断され停学や退学処分を課せられる可能性があります。

保護者が「捜索願い」などを出してしまうとただ事では済まなくなりかねないため、10代のママ活男子に手を出す女性はそう多くありません。

ただ、だからと言ってママ活が不可能かというとそうではありません。

10代でもママ活を行っている男性はいて、やはり「若さ」が圧倒的な魅力なだけあり、稼げる金額は高額です。

ですが、高校生などは、卒業してから行うようにしましょう。

10代のママ活男子が注意すべき事

「若さ」が圧倒的な武器になるかと思いきや、実はママ活を行う上で、非常に制約が多く、ママも、ママ活男子も、どちらもリスクが付きまとってしまう10代によるママ活ですが、行い方さえ気を付ければ可能です。

では、どのような事に気を付けるべきなのかと言うと、

  • 信頼できるママ選び
  • 恋愛関係に発展しない
  • 単発案件を狙う

これらに注意しながら行いましょう。

やはり、10代という「リスク」を抱えながら行うわけですから、しっかりしたママでなければ、問題に発展しかねません。

例えば、帰宅時間は絶対に門限以内に帰る事を守ったり、変なモノを買い与えないなど、保護者が不振がるような事を行わないママでなければ、ママ活が大問題になってしまいます。

そして、10代の男性はまだまだ経験不足は否めません。

そのため、女性の魅力についついのめり込んでしまいがちですが、これも保護者からするととんでもない事です。

なので、恋愛関係に発展しそうだと思うのなら、手を出すべきではありません。

そのため、関係を深めていくよりは、単発でママを楽しませるやり方でママ活を行うようにすると良いでしょう。

性欲も強い10代ですから、体の関係にも発展しやすいため、関係を深めると取り返しのつかない事になりかねないリスクがあります。

若さの需要があるため、単発でもママ活はできますので、そうやってお小遣い稼ぎをしましょう。

10代のママ活男子の相場

実際に10代のママ活はどのような相場で動いているのかを見てみましょう。
内容 相場
顔合わせ 0円〜5,000円
短時間デート 5,000円〜10,000円
長時間デート 15,000円〜20,000円
大人の関係 15,000円〜50,000円
月極契約(体なし) 50,000円〜100,000円
月極契約(体あり) 150,000円〜400,000円

上記のように、相場は高めです。

やはり「若さ」の需要が高いのと、「10代」という希少性が相場を押し上げています。

10代と言っても、実質は「18歳・19歳」に限定されるため、数は圧倒的に少なく、そこから先ほどの「リスク」が回避できそうな男性となると、ママからすると「御馳走」です。

だからこそ、お金は惜しまないのでしょう。

ただ、体の関係を持つことは相当リスクがある事を踏まえておきましょう。

10代のママ活男子におすすめのアプリ

10代の男性が活用できそうなおすすめアプリをご紹介します。

10代のママ活男子におすすめなのは「ワクワクメール」です。

会員数 1,000万人
ママの年齢層 20~30代
登録無料特典 1,200円分のポイント
料金システム 【男性】ポイント制(500円~)
【女性】無料
特徴 ママ活が公認されている
アプリ版 あり(iPhone・Android)
運営会社 株式会社ワクワクコミュニケーションズ
インターネット異性紹介事業届出 第96090001000号
公式URL https://550909.com/

10代の男性はママ活経験も少ないため、ママ活公認アプリが安心です。

また、女性の登録者の中で、特に20代が多く、10代の男子は20代の女性とでもママ活(姉活)が行えるため、「ワクワクメール」が最も扱いやすいでしょう。

20代のママ活

ここまでは10代のママ活男子について見てきました。

では20代のママ活男子は10代に比べてどのような違いがあるのかについて見ていきましょう。

圧倒的な需要が集まる20代

ママ活を行う女性にとって、やはり一番の魅力と言うのは「若さ」です。

上記では、最も「若さ」を備えた10代を見てきましたが、意外にも10代のママ活男子にはそこまでの需要はありませんでした。

その理由は「法的なリスク」が付きまとうため、ママは10代に手を出しづらいのが本音のようです。

そこで、10代の次に「若さ」を備えているのは当然20代のママ活男子です。

そして、何よりも「成人」しているため、10代のようなリスクもなく、言ってしまえば「理想の男性」がまさしく20代のママ活男子なわけです。

20代の男子はママからするとやはり、母性本能をくすぐられる世代でもあり、また、男性としての魅力もどんどんと兼ね備え始めるため、あらゆる楽しみがママにはあります。

ママからしても、このような若い男性とデートをしている状況は、他の女性に対しての優越感も得られるため、承認欲求自己顕示欲の強い女性のターゲットになるのも20代ママ活男子です。

わかりやすいところで言うと「ホスト」です。

ホストクラブの年齢層を見てみると、ほとんどが20代です。

そして利用している女性はまさしくママ活を行っている女性の年齢層なので、このような女性はホストクラブのような年齢層の男性を一番好むという事がよくわかるでしょう。

20代のママ活はライバルも多い

ママから絶大な支持を獲る20代ママ活男子ですが、それだけの需要があるという事は、その反面、それだけママ活を狙っているママ活男子も多いのが実情です。

そのため、ただただ20代という武器だけを振りかざして待っているだけではママ活を成功させる事は当然できません。

10代なら、まだ何も知らない初心な男の子でも通用するでしょうが、20代になると教養やマナーなどといった「振る舞い」も問われます。

また、10代には無い「色気」もママは期待するでしょう。

よって、20代のママ活男子はその辺りの「自分磨き」は必要でしょう。

「若さ」によるビジュアルだけで満足させようとするならば、行きかう女性が振り向くほどの容姿が必要でしょう。

そうでないのであれば、自分を磨いて、ママを満足させることで、より多くのママと繋がり、ママ活のみで生計を立てる事も十分可能でしょう。

20代のママ活男子に求められるモノ

上記でもお伝えしたとおり、ただただ待っているだけではママ活は成功しません。

では、20代のママ活男子に求められるモノとはいったいどういった要素なのでしょうか。

  • 大人としての嗜みが身についている
  • 色気がある
  • 女性をエスコートできる
  • 聞き上手

このような要素が挙げられます。

20代となるとやはり、若いですが大人です。

大学生を見てみると、まだ中学生?と思ってしまうくらい幼い学生もいれば、しっかりとした学生もいます。

それくらい個人差ができる世代でもあります。

よって、ママ活を成功させたいのなら、より大人よりの20代になる事が成功へのカギとなるでしょう。

外見、容姿は20代の若々しさがある。

でも、中身は大人の魅力を備えているといったところでしょうか。

10代は逆に、あまり何も知らない方がママは「可愛い」と思います。

ですが20代になると「可愛さ」よりも「かっこよさ」「男らしさ」といった部分に魅了されるという事を覚えておきましょう。

20代のママ活男子の相場

では、20代のママ活男子がママ活をする際にはどのような相場になっているかを見てみましょう。
内容 相場
顔合わせ 3,000円〜5,000円
短時間デート 5,000円〜10,000円
長時間デート 15,000円〜20,000円
大人の関係 15,000円〜30,000円
月極契約(体なし) 50,000円〜100,000円
月極契約(体あり) 150,000円〜300,000円

上記のように、10代ほどの爆発的な相場ではないにしても、まだまだ水準としては高い位置をキープしています。

単発のデートでも10,000円~20,000円を軽く稼いでしまうため、うまく行えば生計も立てられる事もわかります。

20代のうちはチャンスがあればどんどんチャレンジしてもいいかもしれません。

20代のママ活男子におすすめのアプリ

20代のママ活男子が活用できるおすすめアプリをご紹介します。

会員数 600万人
ママの年齢層 20~40代
登録無料特典 1,000円分のポイント
料金システム 【男性】ポイント制(1,100円~)
【女性】無料
特徴 誘い飯掲示板で気軽に誘える
アプリ版 あり(iPhone・Android)
運営会社 有限会社エムアイシー総合企画
インターネット異性紹介事業届出 第90080006000号
公式URL https://mintj.com/

20代のママ活男子におすすめなのが「Jメール」です。

「Jメール」は、前項でおすすめした「ワクワクメール」よりも女性の年齢層が高く、30代~40代の女性が多く登録しています。

よって、ママ活希望の女性も期待できるでしょう。

ただ、「Jメール」はママ活を禁止しています。

よって、直接的な表現は出来ないため、掲示板などをうまく使って誘うのがポイントです。

「誘い飯」という掲示板を使って、ご飯を奢ってほしいと書き込めば、年上女性がアプローチしてくる確率も高く、狙い目でしょう。

やっぱりピークは20代なんですね
管理人
そうですね。体力的にも、外見的にも20代が一番好まれますね。でも、やっぱり20代には足りない要素もあります。それを補うのがそれ以上の年齢って事ですね
って事はおじさんになってもママ活は可能性があるんですね!?
管理人
じゃあこの先はそのへんを見ていきましょう!

30代のママ活

ここまでは10代、20代と、比較的若い世代のママ活男子をピックアップして見てきましたが、ここからはちょっと大人として印象が変わる「30代」について見ていきましょう。

需要は減るもののまだまだイケる

はじめに申し上げておきます。

これまでの10代、20代に比べ、ママからの需要は減ります。

やはり、「若さ」が失われるため、考え方によっては「ただのおっさん」と捉えられなくもありません。

そして、ママ活をする女性との年齢差が無くなってしまう事、あとは、しっかりとした経済力を獲得している男性が多い。

そして、既婚率が一気に上がるといった背景から、女性からの期待度も下がってしまいます。

ですが、だからと言って30代はママ活ができないのかというとそうではありません。

ただ、これまでの年齢層とは「求められる部分」が異なってきます。

30代のママ活男子のアピールポイントとは?

30代のママ活男子はいったいどのような事をママにアピールするべきでしょうか。

やはり10代や20代が提供できない魅力を届けるべきです。

例えばこのような要素です。

  • 若さや清潔感を纏う
  • 落ち着きのある雰囲気
  • 懐の深い男性の色気
  • 経験から来る包容力

これらの要素が求められます。

30代の男性ともなると、やはり「おっさん」と受け止められても仕方のない年齢に差し掛かっています。

容姿を見ても、何も施さず、無頓着なら当然どんどん老け込んでいきます。

例えばヘアスタイルや髭の処理、服装にスキンケアなど、女性にモテようと思うのなら、このような部分は最低でも気を使っておかなければなりません。

また、仕事上吞むことも増え、不摂生が祟って体型が変わってしまう男性が増えるのもこの世代からです。

たとえ忙しくとも、体型を維持するために運動をしたり、食事制限をする事は大切です。

やはりママ活を成功させたいのであれば、周りの30代と同じように過ごしていては難しいでしょう。

これらを一定のレベルまで持っていけるのなら、ママ活にチャレンジしても成功するかもしれません。

狙い目は一回り以上上の40代後半~50代の女性でしょう。

このくらいの女性ともなると、経済的なゆとりは言うまでもありません。

そのような女性を満足させるためには、大人としての魅力がなければいけません。

社会人として、人に語れる経験を積み、人としての苦楽をある程度見てきた男性でなければこの手の女性は話していてもつまらなさを感じるでしょう。

そして、向上心のある男性でなければなりません。

30代を過ぎるとだんだん身を固めだし、守りに入る人が大半です。

でも、ママ活は「誰かを応援したい」という動機があります。

よって、単にお小遣いがほしいという男性に、このような女性は見向きもしません。

よほどルックスに自信があり、それだけでメロメロに出来るのなら話は別ですが、そのような人なら30代でママ活を行っているとは思えません。

なので、ママを満足させるだけの中身をしっかりと身につけましょう。

30代のママ活男子の相場

では、30代のママ活男子はどのような相場になっているのかを見てみましょう。
顔合わせ 0円〜5,000円
短時間デート 5,000円〜10,000円
長時間デート 10,000円〜25,000円
大人の関係 10,000円〜30,000円
月極契約(体なし) 40,000円〜100,000円
月極契約(体あり) 100,000円〜300,000円

このように、20代の男性と比較しても、そこまでの大差はなく感じます。

やはり、30代でママ活ができる男性はそれだけで、他の30代男子よりも魅力がある為、男としてお金を払う甲斐があるのでしょう。

やはりママ活は「中身」が大事だという事が、この相場を見るとよくわかります。

ただし、この年代になると「不倫」状態になってしまう場合も少なくありません。

そのようなリスクをしっかりと考慮したうえで、どのようにママ活を行うべきか、その辺りも十分に見据えられる余裕がなければやるべきではないでしょう。

30代のママ活男子におすすめのアプリ

それでは30代のママ活男子が利用しやすいマッチングサービスをご紹介します。

会員数 非公開
ママの年齢層 30~60代
登録無料特典 1,500円分のポイント
料金システム 【男性】ポイント制(1,000円~)
【女性】無料
特徴 40代以上の女性が多いから会いやすい
アプリ版 なし
運営会社 インターワークス株式会社
インターネット異性紹介事業届出 第90080004029号
公式URL https://hana-mail.jp/

30代のママ活男子におすすめなのが「華の会メール」です。

30代以上のユーザー層をターゲットにしており、40代~60代の女性を狙うなら打って付けのサービスです。

ただ、「華の会メール」もママ活を公認していないサービスなので、利用の際は十分注意していただき、あからさまに使用しないようにしましょう。

40代のママ活

さて、いよいよ40代のママ活事情についてです。

やはり一番気になっているのはこの年代ではないでしょうか。

40代のママ活・・・正直に言って、非常に厳しいというのは想像に難しくありません。

やはり「ママ活」というだけあって、親子ほどの年齢差があってはじめて成り立ちます。

ですが、40代ともなると、60代~80代の女性がターゲットになり、その年齢層の人たちが果たして、どれほどアクティブにママ活に参入しているかというと、ほぼほぼ期待はできないでしょう。

まして、アクティブ層が居たとしても、その女性が40代を選ぶとは限りません。

それだけ高齢の女性でも、20代や30代に目がくらむ可能性は高いため、40代でママ活をする事がどれだけハードモードなのかという事を理解しておくべきでしょう。

さすがに需要は激減する

やはり、40代の男性となると、世間では完全に「ザ・おじさん」です。

そんなおじさんが、経済的援助を女性に期待するという時点で、一般的には目を疑われるでしょう。

そのような背景からも、女性は40代のママ活男子を好んで選択しようとはしません。

よって、需要は圧倒的に少ない事を覚悟しておいてください。

40代のママ活方法を考察

もし、仮にそれでもママ活を行いたいという40代のママ活男子が居るのであれば、これまでのママ活スタイルとは一線を画す必要があります。

これまでは「若さ」や「夢を追う姿」を前面に出して、自分に出資してもらうというスタイルでしたが、40代という立派な大人ともなると、そうもいかず、むしろ「サポート役」として存在する必要があるでしょう。

身の回りのサポートはもちろん、精神的に孤独感などを埋めるサポートや、若さを保つためのアクティビティを一緒に取り組むサポートなど、少し介護のような要素も含んだスタイルで寄り添う事が、40代ママ活男子の活路だと思います。

ここまで尽くせば、女性も対価を支払う価値はあるでしょう。

ただ、労力はこれまでのママ活とは比ではないため、本当にその女性に関わりたいと思わない限り続かない可能性が高いでしょう。

40代のママ活男子の相場

それでは40代のママ活はどのような相場になっているのかを見てみましょう。
内容 相場
顔合わせ 0円〜5,000円
短時間デート 5,000円〜8,000円
長時間デート 8,000円〜10,000円
大人の関係 10,000円〜15,000円
月極契約(体なし) 20,000円〜50,000円
月極契約(体あり) 50,000円〜100,000円

上記のように、決して高い金額とは言えません。

しかも、体の関係とはいうものの、女性側がそのような事を希望する可能性は極めて低く、あまり稼げない印象です。

稼ぎを獲たいのなら、他の方法を試した方がよっぽど効率が良いでしょう。

40代のママ活男子におすすめのアプリ

40代でママ活を行いたいと本気で思うのならこちらのマッチングサービスがおすすめです。

会員数 2,500万人(2021年2月現在)
ママの年齢層 20~30代
登録無料特典 1,200円分のポイント
料金システム 【男性】ポイント制(500円~)
【女性】無料
特徴 国内最大級の会員数とクリーンさ
アプリ版 あり(iPhone・Android)
運営会社 株式会社アイベック
インターネット異性紹介事業届出 第90080003000号
公式URL https://happymail.co.jp/

30代の項目でもお伝えした「華の会メール」もそうですが、「ハッピーメール」をおすすめします。

コチラは何といっても会員数の多さが特徴で、その分可能性があります。

いくら40代は厳しいとはいえ、これだけの会員数がいると、中には希望する女性も現れる可能性はあります。

「華の会メール」と合わせて利用してみるのもいいかもしれません。

「ハッピーメール」もママ活は禁止していますので、ご利用の際は十分注意してください。

やっぱりさすがに40代から上はきびしそうですね
管理人
よっぽど外見が若々しくないとちょっと厳しいかもしれませんね
でも、その女性を本気でサポートしたいって気になればできるって、もうママ活の感覚じゃないですよね(笑)
管理人
ですね!すっごく良い人ですね!正直デイサービスや介護職の方よりもすごい事をしてますからね
できても30代の半ばまでですね。それを肝に銘じておきます

ママ活は年齢だけじゃない!中身と努力で夢は広がる!

さて、今回はママ活の年齢について詳しく見てきました。

ママ活を行う上でもちろん年齢は重要な要素のひとつですが、いくら若くても

  • 夢や希望を持たない
  • 外見が若々しくない
  • 元気がない

このような男性は決してママ活においていい結果は期待できません。

また、いくらおじさんでも

  • 見た目が若々しい
  • 教養や経験が優れ、引き出しが多い
  • 女性のエスコートがうまい

こういった男性は年齢に関わらず女性からモテます。

よって、結局は自分磨きをどれだけするかが大切だという事です。

あとは、40代になるまでにママ活を卒業できるよう計画的に実行していきましょう!