ママ活から恋愛に発展はあり得るのか?

昨今何かと話題になるママ活。

経済力に余裕がある女性が、一回り以上年下の男性と食事やデートをして、お小遣いやプレゼントなどを渡して支援するというモノです。

女性でいうパパ活の逆バージョンですね。

そんなママ活ですが、何といっても男女関係で成り立つため、恋愛関係に発展なんて事はないのでしょうか?

そんな多くの人が気になっているであろう「ママ活における恋愛事情」について今回はお話をしていきたいと思います。

ママ活とパパ活の違い

ママ活って文字通り、若い男性が、一回り以上上の女性とデートや食事をしてお金をもらうじゃないですか?これ、間違っても男女の関係だから、恋愛に発展するとかってパターンは無いんですか?
管理人
「いくらお金のやり取りで関係が構築されてるとは言っても、男と女ですからね。そういった質問は当然あるだろうと思います
しかも男側はまだまだ経験値も低い若造ですから、当然そのような勘違いなんて事もあるんじゃないのって思っちゃいます
管理人
そうですね。でも、意外にも若い男性よりも、ママの方がお熱を上げちゃうって事の方が多かったりも!
えっ?それは意外ですね!!
管理人
じゃあ今回はママ活から恋愛へと発展するのか?また、するとしたらどんなパターンかなどについてお話していくとしましょう!
うわぁ!今回も濃い内容になりそうだな!よろしくおねがいします!

若い男性が一回り以上上の女性から支援を受けるというものが「ママ活」です。

では、女性が年上男性から支援を受け取る「パパ活」とはどのような違いがあるのかというと、表面上の違いは特にありません。

どちらも、バーやSNS、マッチングアプリなどで知り合い、そこからお金のやり取りをベースにデートや食事、時には体の関係を行います。

ですが、細かく見ていくとパパ活とママ活はちょっと違っているとも言えます。

パパ活女子の特徴

パパ活を行っている女性は基本的に「お金」がメインです。

もちろんママ活も「お金」が軸にはなっていますが、パパ活はママ活に比べるとよりお金で割り切っている節があります。

パパ活を行う女性は、

  • 留学費を貯めたい
  • 奨学金を返したい
  • 将来の自分に対して貯金をしたい

などといった明確な目的が存在する事が多く、その為の「手段」と捉えている側面が非常に強いです。

正直、パパ活から恋愛に発展するというケースはほとんど聞きません。

やはりパパ活を行う女性は、目の前の男性に感情が入るわけでは無く、その男性が抱えている経済力に魅了されている証拠でしょう。

逆に、恋愛に発展する事はほぼ無いですが、結婚する女性は存在します。

パパ活で知り合い、その男性の経済力を自分のモノにしたいがために結婚をします。

このように玉の輿を見据えてパパ活をしている強者も存在します。

それほど女性はお金に対して強かだと言えるでしょう。

ママ活男子の特徴

一方ママ活を行う男性ですが、もちろん目的は「お金」です。

ただ、先ほどのパパ活女子と比べると、あそこまで「お金」に固執しているようには見受けられません。

ママ活では、顔合わせではお手当が発生しない事はごく当たり前で、それ以降も、食事やデートを数千円~というケースも少なくありません。

パパ活の場合は、10,000円~といった金額が一般的で、絶対と言っていいほどお金は発生します。

ですが、ママ活は「姉活」というジャンルも存在し、これは「お金は渡さないけど、食事やプレゼントを与える」といった関係性です。

パパ活ではありえないような事がママ活では行われており、ママ活を行う男性は、当然お金は欲しいですが、年上の女性と楽しい時間を共にできて、美味しい食事をごちそうしてもらい、何か欲しいモノを買ってもらえればそれで満足というケースも少なくありません。

こう見るとパパ活よりは「お金」に固執していない点からも、恋愛に発展する可能性はありそうです。

こうやって見てみると、パパ活とママ活って言葉も、やってることもよく似てるのに、その中身、性質は結構違ってたりするんですね!
管理人
やっぱり女性はより現実的で、よりシビアですよね。かたや男性は、どことなく甘さがあるというか、ゲーム感覚の部分がありますよね
ですね。最悪別に、お金が無くても美味しいごはんが食べられるんだったらそれで良いって考えなんてまさしくそうですよね

ママ活から恋愛に発展する可能性とパターン

さて、それではここからは実際にママ活から恋愛に発展していく可能性と、もしも恋愛に発展させるとしたらどのようなパターンが考えられるのかについて見ていきましょう。

ママ活はあくまでも「お金目的」

若い男性がママ活を希望する理由は当然「お金」を稼ぐためです。

やはりキャリアや社会的信用がまだまだ足りない若い世代では、稼ぎたくても稼げないといった現実があります。

だからこそ、ママ活を利用する男性が増えてきています。

特別なスキルや社会的信用といった要素を求められないからです。

その為、若い男性が恋愛に気持ちが昇華する事はそこまで期待できないでしょう。

ただ、パパ活女子に比べると、恋愛に変わっていく可能性は幾分あります。

ママ活男子は「何が何でもお金!!」というわけでは無く、

  • 勉学に追われてバイトなどをする時間が確保できない
  • 経験豊富な年上の女性からいろいろ学びながらお金が稼げれば
  • パイプを広げるため

このように、そもそもママ活をしている理由が、パパ活女子に比べるとそこまでお金にシビアではないのがわかります。

なので、人との繋がりを期待している側面を考えると、恋愛に発展する可能性はゼロではありません。

恋愛へ発展するパターン

ママ活の特性は大体わかりました。いよいよママ活における恋愛事情へと突入するんですね!
管理人
そうですね。ここから先はちょっと刺激的な内容になってきますので、お子様はここでそっと閉じてくださいね!
そんなに刺激的な恋愛!僕もしてみた~い!

パパ活に比べると幾分ママ活男子の方が恋愛へと発展する可能性はあるとお伝えしました。

ママ活男子はあくまでも「お金」を第一の目当てとして女性と関係を取ろうとしているため、ママ活での恋愛は、女性側が恋愛関係に発展させたいと思って、そのような関係になる事が多いです。

ママはママ活男子の事を「可愛くて放っておけない魅力的な若い男性」だと捉えています。

その為、もっと自分のモノにしたい、もっと深くかかわりたい、もっとドキドキしたいという気持ちが高まってくると、恋愛へと発展させたくなるケースがあります。

では、ママはどのようにすれば、ママ活男子と恋愛関係に発展するのでしょうか?

これには若い男性の特性が大いに関係しています。

体の関係で虜にする

やはりママ活を希望する若い男性のアクティブ層は大学生が多く、10後半~20代前半ともなると「性欲」が最も強く、お盛んな年頃です。

そして、ママ活男子のもう一つの特徴として、意外にも普通の男子が多いという事です。

というのも、ママ活を希望する女性が好む男性の特徴として

  • 高学歴
  • 癒される空気観
  • 素直で誠実な普通の男子

このような男性を望んでいます。

というのも、派手で、カッコよくて、自己顕示欲が強い男性と楽しむのなら「ホストクラブ」へ行けば満足できます。

ですが、ママ活で求めているのは「癒し」です。

「癒し」を得るためには、見た目や容姿よりも

  • 教養
  • 礼儀
  • 聞き役としての謙虚さ

これらの要素が求められるため、男の世界で戦い、ナンバーワンを目指しているギラギラした男性では埋めきれない部分なのです。

では、なぜパパ活女子はママ活男子のようなタイプではなく、派手で、遊んでそうで、コミュニケーション力が高い女性が多いのかというと、「カラダ目的」の場合がほとんどだからです。

そのため、風俗嬢、水商売、ママ活女子の見た目がそこまで変わらないのはその為です。

話が少し脱線しちゃいましたが、このような男性が多い事から、これまでの人生で、女性とそこまで遊び散らかしている男性もそこまで多くなく、まして、学業を頑張ってきた学生ですから、ママ活をやっているような魅力を纏った女性と深い関係になるような事も多くありません。

なので、SEX経験もまだまだ未熟な男性は、これまでの人生経験から培われた女性の性的な魅力を体験させる事で、これまで経験してきた女性とは比べ物にならないくらいの興奮と、エロさに悩殺されてしまうパターンがあります。

やはり10代や20代の女性は、確かに体は魅力的かもしれませんが、テクニックや色気、大胆さなどは、ママには到底及びません。

これまで経験してきたであろう同世代とのSEXとの、余りもの差に虜になってしまう男子も少なくありません。

なので、恋愛に発展させたいと考えているママは、これまでに経験した事のない、若い女性とのレベルの違いを惜しげなく繰り出す事によって、ママ活男子をモノにできる可能性も上がるでしょう。

大人の関係なしからありへ発展させた時

大人の女性の魅力というのは、ママ活男子のアクティブ層にとってはやはり刺激的です。

何も、ベッドの上だけが刺激的かというとそうではありません。

一緒に食事をしている時やデートで隣を歩いている時の所作や言動の一つひとつが、同世代の女性とはまた違った魅力をたくさん放ってきます。

もちろんそのような関係を築いている間は、いくらその女性に魅了されていたとしても、目的は「お金」なので、恋愛感情で女性を見るという事は少ないでしょう。

ですが、同世代の女性とは違い、今までに味わった事のない大人の魅力に翻弄され、羨望の眼差しにも似た、少し圧倒されるような気持にもなります。

体の関係を持たずしても、このような世代の男性には刺激が強く、それだけでも、その男性の中で、ママはとても大きな存在へと膨れ上がっていきます。

そんな大きな存在の女性と、SEXをしたとしたら…

完全に心を持っていかれます。

先述では、SEXの質という観点からお話ししましたが、そうではなく、体の関係が無い状態から、ある日いきなりそのような関係へとなった場合には、その衝撃で、好きになってしまう男性は少なくありません。

ちょっと崇めていた人と、SEXをする間柄になった事によって、特別な感情が芽生えます。

ですが、いくら体の関係に発展しても、恋愛関係とはまだ言えません。

次に会う時、恋人同士の関係性で会っているのか、ママ活として会っているのかが重要です。

なので、恋愛に発展したいと望む場合は、ママの方から嘘でも良いので「ちょっと仕事の状況で、これまでみたいにお金を渡せなくなったんだけど、もう私とは会えないよね?」などと駆け引きをしてみましょう。

ママ活男子の中で、あなたの存在が大きく育っていれば、「お金なんていらないよ!でもママと会いたい!」

このようなやり取りが発生すれば恋愛関係へと昇華するでしょう。

もちろん駆け引きをした時の話は作り話のため、デート代や食事代を出してあげる事は問題ありません。

その男性を経済的に応援しながら、お互いの心の支えになり、最高のSEXパートナーになれれば、男女共に充実した日々を過ごせるでしょう。

ですが、既婚状態のママも少なくありません。

このような関係になれば当然「不倫状態」になる為、女性側はもちろんのこと、男性側も十分注意をし、あまりのめり込まず、広い視野を持つよう心がけてください。

いや、こんなシチュエーションになったら、若造は誰だってイチコロですよ!
管理人
アハハ!大人の女性の怖さでもあり、すごい部分ですよね。
でもまだまだ青い鼻たれ小僧がこんな経験を若いころにしちゃったら、その後に付き合う同世代の女性とのsexは正直物足りないでしょうね
管理人
だからみんな風俗に行くんじゃないんですか?
あっ!ほんとだ!うまくできてるなぁ、この世の中は。。。

結婚まで発展する可能性は?

ママ活男子をメロメロにすれば、ママ活からの恋愛もあり得るとは前項でお話ししました。

では、ママ活から恋愛へ発展し、その後結婚をするカップルは居るのかというと、そういったケースはほとんどないのが現状です。

パパ活では、恋愛へと発展していくケースは少ないのに、結婚の事例は報告されています。

この事からも、やはり男性は「体」や「美貌」が結婚への判断基準であり、女性が男性を選ぶ基準もまた、「経済力」が優先されていることがわかります。

そもそもママ活男子は、高学歴ですが、だからと言って現在収入があるわけではありません。

なので、当然、お金に目がくらんでいる美女は、現在お金を持っている男性へ群がります。

しかし、高学歴ですから、その後社会へ旅立ち、エリート街道を歩む男性が多く、そうなると美貌や色気、エロチシズムを纏った食べごろの女性が黙っているはずはありません。

学生の頃はパッとしなかったママ活男子も、社会に出て、あらゆるモノを見て歩き、どんどんあか抜けていき、モテる男へとグレードアップしていきます。

そうなると当然、年齢が一回り以上上のママと結婚をするという選択肢は必然的に薄れていくでしょう。

それはママも同じで、ママは「癒し」が欲しいのです。

ですが、自分が応援し、一人前の男性に育つと、本来求めていた要素が薄れ、この男性に固執する理由も無くなってきます。

また、これだけ世間からちやほやされる存在へと変わってしまうと、「癒し」どころか、「不安」「ストレス」の方が大きくなり、それこそ本末転倒になってしまいかねません。

こういった背景からも、パパ活のように結婚へとステップアップしていく関係には成り辛いのがママ活の現状です。

なんだか最後は切ない感じになっちゃうんですね
管理人
どこまでいってもお金から始まった関係ですからね。いろんな利害が崩れるときは来ちゃうんですよね
ハッピーエンドじゃない感じも、大人な感じだなぁ。。。

恋愛への発展は不倫のリスクを抱えるから注意しよう

さて、今回はママ活の恋愛事情について深堀していきました。

やはり性欲が一番強い時期の男性と関係を深めていく上で、体の関係から恋愛へと発展していくというケースはある意味必然とも言えます。

しかし、そこには大きなリスクも存在していることも忘れてはいけません。

10代の大学生なら、下手すると誘拐罪や、児童買春法、また、青少年保護育成条例などに引っかかってしまい、罰せられる恐れがあります。

また、校則により不純異性交遊という理由から、停学退学といったペナルティを科せられる可能性もあります。

そして、20代以上でも、ママが既婚者の場合は、不貞の関係を築いてしまい、「不倫」で訴えられる事も考えられます。

このように、ママ活において恋愛を行うと、さまざまなリスクと隣り合わせだという事も頭に入れておかなければいけません。

その辺りは、ママ活男子も、しっかりとした女性かどうかを判別する能力が必要であり、女性も未来の金の卵を預かっているという自覚を持つ必要がありますね。

このような事に気を付けながら、素敵なママ活ライフを送りましょう。