新潟県でのママ活はおすすめ!その理由からママ活情報をまとめました

新潟県でのママ活はおすすめ!その理由からママ活情報をまとめました

読みたい項目をクリック

新潟県のママ活相場をチェックして納得できる関係を作ろう

新潟県のママ活相場をチェックして納得できる関係を作ろう

初めての方はママ活時に「いくらもらえるのか」が分からない方も多いものです。
そんな時、知っておくと良いのがママ活相場です。

そこでここでは、新潟県のママ活相場をシーン別にまとめていきます。

カフェデート

ママと一緒にお茶をするスタイルです。
お互いの関係を作る第一歩としてカフェデートを行う事もあるでしょう。

平均相場は3千円~6千円ほど。
平均時間は1時間~2時間です。

平均時間が短い事でも分かるように、多額という相場ではありません。

短時間デート

半日以下の時間帯をママとともに過ごすのが短時間デートです、
買い物や散歩などがメインと考えると分かりやすいかもしれません。

平均相場は5千円~1万円ほど。
平均時間は2時間~3時間です。

決して長い活動時間ではないものの、対価はじゅうぶんだと言えます。

食事デート

ママとランチやディナー時にはBARなどでアルコールを楽しむ時間です。
ママ活シーンにおいて多いのがこの食事デートともいえます。

平均相場は5千円~1万5千円ほど。
平均時間は1時間~4時間です。

一見すると、平均相場並びに時間に開きがあるように感じるかもしれません。
これは、先にふれたように「ランチかディナーか」によって変わってきます。

また、アルコールが入ると時間が長くなる傾向にあるのも1つの要因です。

1日デート

その名前の通り1日ママと共に時間を過ごします。
遠方まで足を運びやすいですし、ゆったりとした気持ちで過ごすこともできるでしょう。

平均相場は1万円~2万円ほど。
平均時間は10時間~12時間です。

長いために相場が高くなる傾向があります。

いくつかのシーンに分けて新潟県のママ活相場を確認していきました。

東京都や神奈川県と比較をすると低い傾向にはあるものの、それでも満足できる相場を誇っているのが新潟県です。

またこれは、ママによっても差が出てきますからセレブママや男性を気に入った場合には上記以上の対価を受け取ることもできるでしょう。

新潟県でママ活をする際に実践できるママの探し方と出会い方

新潟県でママ活をする際に実践できるママの探し方と出会い方

新潟県でママ活を行いたい場合、まず最初にママを探したり出会うことが必要です。
とはいえ、どのように探し出会えば良いのかと疑問を抱く方も多いかもしれません。

そこでここでは、ママ活時に使える新潟県でのママの探し方・出会い方をまとめていきます。

ナンパ

新潟駅などターミナル駅であれば、商業施設も近くナンパもしやすい事でしょう。
日中であれば既婚者ママが1人で買い物をしていることも多いのです。

しかし、首都圏と比較をするとナンパをしにくいのも事実。
そこで狙いたいのが、少し高めの1人飲みしやすい居酒屋やBARです。

金銭的に余裕がある傾向も強いですし、出会いや話し相手を求めているママもいます。

ただし、店や場所に行くまでの交通費などの「投資」は必要となってくるのでこの点は納得しておきましょう。

SNS

SNSを友達作りや出会いの場として活用している人もたくさんいます。
新潟県でのママ探しにもSNSは使えるツールです。

無料で登録したら、ハッシュタグや検索機能を利用し、新潟県内やさらに細かい地域を限定してママ探しがすぐに行えます。

個人的なやり取りは、メッセージ機能を使って下さい。
ただし、無料でだれでも利用可能のため冷やかしやサクラも潜んでいます。

また、SNSの大半はこうした活動を禁止していることも少なくありません。
規約にのっとって抵触しないようにママ活を行いましょう。

出会い系サイトやマッチングアプリ

パソコンやスマートフォンからアクセスしてママ探しを行う方法です。
出会いが目的の女性会員が利用しているため、キッカケが掴みやすい点が大きな魅力。

年齢層や地域さらには趣味から目的と詳細に条件指定をして検索ができる機能。
日記やプロフィールなど女性の目的を察しやすい機能。

その他にも、掲示板機能などさまざま用意されているので出会いやすい環境が整っています。

新潟県でのママ活時におすすめしたい探し方や出会い方をご紹介しました。

いずれもおすすめではありますが、個々によって相性があるかもしれません。
最も使いやすいと感じたものを選んで下さい。

新潟県で使えるママ活サイトとアプリ4選

新潟県で使えるママ活サイトとアプリ4選

新潟県で効率的に出会いやママ活出来る方法がサイトやアプリです。
スマートフォン1つあれば簡単に始めることができます。

たくさんのサイトやアプリが存在していますが、ここではママ活時におすすめしたいものを4つご紹介します。

Jメール

ママ活希望の女性が多い年齢層が30代~50代です。
ママ探しの際にはこの点に注目をするのが最も効率的。

Jメールの利用者層はこの年代が多い傾向にあります。
これがおすすめしたい1番の理由です。

ママを見つけるのが比較的に簡単ですから、初めてママ活をする方もスムーズな出会いが求められます。
また、検索機能を使えば細かな条件指定も可能です。

新潟県全域はもちろん、地域から希望の女性のタイプまで絞れます。
掲示板機能も充実していて、細かなジャンル検索ができるのです。

ですから、ママ活に照準をあててアプローチしやすいサイトとなっています。

ワクワクメール

ワクワクメールをおすすめする理由の1つに「ママを探しやすい」という点があります。

例えば「一緒にごはん機能」です。
その名前の通り、食事をするだけの相手を探している女性が書き込み投稿を行っています。
スタンダードなママ活スタイルの1つであるデート食事を目的に利用している人も多いのです。

また「つぶやき」というライトな感覚で投稿できる機能もあります。
雑談のような内容ではあるものの、見ていると日頃ママ活をしているもしくは希望している女性を見つけられるのです。

PCMAX

出会い系サイトの中でも大手であり老舗なのがPCMAXです。

イメージとしては真面目な交際相手を探すイメージがあるかもしれません。
しかし、ママ活買い手を探しているママも多数登録しています。

年齢層も幅広いので、ママ探しにもピッタリです。

また、身分確認がしっかりとしているPCMAXはママの社会的な地位がある程度保証されています。
だまされる危険性が少ないのも魅力的なポイントです。

ハッピーメール

サクラや悪徳業者率が少なくさらには会員数も多いハッピーメール。

主となる利用者層は20代~30代とも言われていましたが、近年では40代・50代の女性も出会い目的で登録をしています。

マッチング率は何と8割を超える驚異的な数字。
出会いやすい環境が整っています。

ポイント制度を導入していますが、各機能利用の料金が安いのでコスパの良いママ探しが実現できるのです。

以上、4つのサイト・アプリをご紹介しました。
いずれも届け出認可済みの優良サイト・アプリとなっています。

パソコンとスマートフォンどちらからでもアクセスできますから、使い勝手も抜群です。

多くのママがパートナー探しに利用をしていますので、機能や金額さらには使いやすさなどから相性の良いものを選んで下さい。

新潟県でのママ活はおすすめしたい理由について

新潟県でのママ活はおすすめしたい理由について

新潟県でのママ活はそもそも良いのだろうか。
そんな疑問を抱いている方はいませんか。

出会いにくい印象があるかもしれませんが、新潟県でのママ活は「おすすめ」と言えます。
そこでここでは、なぜおすすめ出来るのかについての理由をまとめていきましょう。

柔軟なやり取りが実現しやすい

新潟県は47都道府県でも雪が多く降る豪雪地帯。
厳しい生活環境の中で、特産物を作ったり世紀つを送ってきました。

こうした背景から、県民性の1つとして「質実剛健」というところがあります。
しかし、昔から新潟県は東京都との交流が盛んな県です。

ですから、新しいものが好きで受け入れる傾向もあります。
このことから、柔軟性があると言われているのです。

これは、ママ活を行う際にもやり取りがしやすいですし、条件交渉やそのほか希望を提示する際にも嬉しいポイント。

生真面目な人が多い

生真面目な人と聞くと、ママ活に向いていないのでは?と思うかもしれません。
新潟県は金銭的に堅実な傾向があります。

借金を作ってまで遊ぶなどという事は決してしませんし、1度獲得した信頼を裏切ることもありません。

しかし、そうした生真面目な県民性を持っているからこそ「ストレスを発散させたい」という希望を抱くことも多いのです。

ママ活希望の女性が「なぜママになるのか」の理由もこうした理由であることも少なくありません。

車の所有率が高い

新潟県は中央部ともいえる新潟市から越後地区から佐渡地区などが広がっています。
中央部であれば車を必要としないケースも考えられますが、新潟県民は1人1台車を所有している人が大半。

ですから、地域を広げてママ探しがしやすく、デートをする際にも車で来てくれたり車が足となってくれることが多いのです。

出会える可能性を広げやすいのもまたおすすめの理由です。

いくつか新潟県でのママ活をおすすめしたい理由をご紹介しました。
おすすめ理由を見ると、新潟県だからこそという点が多くあります。

新潟県のママの特徴を知って良い関係を作ろう

新潟県のママの特徴を知って良い関係を作ろう

ママ活を希望する女性の特徴は、全国共通の部分もあるものです。
とはいえ、新潟県のままだからという特徴ももちろん存在しています。

新潟県でママ活をするならこの点は抑えておきたいところです。
そこでここでは、新潟県のママの特徴を確認していきましょう。

面倒見がよく母性的

面倒見がよく母性的なママが多いのが特徴です。

豪雪地帯だからこその忍耐強さもありますし、漁港などの地域は特に「支える」意識が強い女性が多い傾向があります。

このことから、包んでくれるような優しさを感じることも多いのです。

社会的地位を確立している女性が多い

忍耐強いのもまた新潟県の県民性の1つです。

これは男女共通した点でもあることから、その忍耐づらさを発揮して社会的地位を確立しているママも多いのです。

経営者ママや企業で役職に就いているママも多い傾向があります。

シャイ

ママ活希望をしている女性であってもシャイだという特徴も新潟県のママ活時に知っておきたいポイント。

ドキドキすることやわくわく感を異性との間で求めたい気持ちがある一方で、自らそれをアピールできないシャイな側面も持ち合わせています。

こうして、新潟県のママの特徴をチェックしていくと「どのようにアピールをしたら良いのか」などの参考にできる点もたくさんあるのです。

ママの特徴を把握してやり取りを行えば、ママも「理解されている」「一緒にいて気持ちが楽になる」など好印象を抱いてくれるハズ。

新潟県おすすめのママの職業と年収をピックアップ

新潟県おすすめのママの職業と年収をピックアップ

新潟県でママ活をするならママの職業や年収をチェックするのもおすすめです。
サイトやアプリを利用すれば、ママの狙い目をつけやすくなります。

ここでは、おすすめしたい新潟県のママの職業と年収をまとめていきます。

経営者

忍耐強く努力家な新潟県のママ。
その努力が実を結び、経営者となる事も多いのです。

平均年収は900万円~1億円ほど。
年収の差に関しては、規模によって異なります。

工場や家族経営の小さな会社であれば年収も低くなりがち。
規模が大きくなれば高くなります。

中には、これ以上を稼いでいるママもいるのです。

夜の職業

新潟市や上越市には歓楽街が広がっています。
特に、新潟市の古町は遠方から足を運ぶ方もいるほどです。

平均年収は500万円~2千万円ほど。
年収差は、職種によって異なります。

例えば、風俗店の人気嬢ともなれば2千万円以上を稼いでいる女性も
経済的に余裕がある職業ともいえるでしょう。

主婦

新潟県は兼業専業主婦が多い県でもあります。
兼業であれば、扶養内に収まっている事もまた多いために最大で130万円ほどの年収となります。

専業主婦はもちろん無収入です。
しかし、配偶者や家庭そのものに経済的余裕があるママも多いのでおすすめ。

新潟県でおすすめしたいママの職業と年収をご紹介しました。

このほかにも保育士や看護師なども安定収入を獲得しているのでおすすめです。
選び方に困ったり、対価からママ探しをしたい場合に役立ててみて下さい。

新潟県ママとデートをする時に使いたいスポット紹介

新潟県ママとデートをする時に使いたいスポット紹介

新潟県でママとデートをする際、ママが指定をすることもあります。

もし、ママが希望するのであればその場所がベストになるのですが、男性側もいくつか策を持っておくのがおすすめです。

そこでここでは、新潟県ママとデートをする時に使いたいスポットをご紹介します。

マリンピア日本海

新潟市中央区にあるマリンピア日本海は中心部にありながらも癒しが得られる水族館です。
2013年にリニューアルされオシャレでムードのある時間を過ごすことができます。

体験コーナーやイルカショーなどをママと一緒に楽しんで童心に帰る時間もおすすめ。
子供っぽいと感じるかもしれませんが、水族館は女性人気の高い場所でもあります。

新潟万代シテイ

新潟市中央区にある新潟万代シテイはオープンタイプのショッピングモールです。
海を流れることができる景観が魅力的。

たくさんの店舗やカフェさらにはレストランが集まっていますので、1日デートにも利用しやすい場所といえます。
電車で待ち合わせをする際にも便利なスポットです。

越後一宮 彌彦神社

西蒲原郡弥彦村にあるのが越後一宮 彌彦神社。
越後平野のほぼ中央に位置する神社です。

万葉集でも詠まれた場所でもあり、歴史深いスポット。
歴史やパワースポットが好きなママにはピッタリです。

また、越後一宮 彌彦神社は縁結びの神さんとしても有名。
ママとの時間をムードあるものにしてくれるでしょう。

神社を囲む木々や山も美しく、新緑の季節から紅葉の季節まで目を楽しませてくれます。

カーブドッチワイナリー

新潟市西蒲田区にあるカーブドッチワイナリー。
角田山のすそ野に広がっているブドウ畑の中に建てられているワイナリーです。

広々とした敷地内には、ガーデンやワイン蔵、カフェやレストランなどさまざまな施設が入っています。
お散歩デートはもちろん、ワインが好きなママも楽しんでくれるハズです。

また、温泉や宿泊施設も設けられているので1日もしくは1泊デートにもおすすめできます。
年中無休なのでいつでも使えるスポットです。

国営越後丘陵公園

長岡市宮本東方町にある国営越後丘陵公園は北陸唯一の国営公園です。
大人が行っても楽しめる場所がたくさんあります。

のんびり心身共にリフレッシュ・リラックスしたいママも喜んでくれるでしょう。

季節ごとの花々が咲き誇るばかりか、夏にはサマーイルミネーションが開催されているフォトジェニックさもある公園です。

周辺には食事スポットもあるので、デートの流れも作りやすいのもおすすめポイント。

新潟県はママ活時に活用できるスポットがたくさんあります。

どのようなデートを望んでいるのか・会う日の天候からママの好みなどをリサーチしておけば、さらに喜んでもらえる時間が提供可能です。

新潟県のママとデート食事する時に使いたい店紹介

新潟県のママとデート食事する時に使いたい店紹介

新潟県のママとデート食事をする際、ママ任せばかりは印象を下げてしまいます。

また「どこか良い店はない?」と聞かれた時に、分からないではママのテンションも下がってしまうかもしれません。

そこでここでは、新潟県のママとデート食事をする際に使いたい店をご紹介します。

焼NIQ

新潟市中央区にある肉専門店。
肉というと若い世代というイメージがあるかもしれません。

しかし、焼NIQの店内はシックで大人のムードが満点。

北陸でも有名な佐渡牛を使用している店でもあり、上質で普段では体験できない味を楽しめます。
肉に合ったアルコールメニューも豊富なので、夜のデート食事にもピッタリです。

旬越料理 妙高

上越市本松のアートホテル11階にあるのが旬越料理 妙高です。
夕方から夜間のみの営業ですので、ディナーデートの際に利用したい店。

日本庭園を眺めながら頂く和食は絶品。
季節によって厳選された食材を取り入れているのが特徴です。

また、新潟県産の牛肉や日本海でとれたばかりの海鮮を使用した数多くのメニューがあるので、ママの好みに合わせやすいのもおすすめポイント。

ホテル内にあるので、人目に付きにくいのママ活に向いています。

越後波家

新潟市中央区のアパホテル地下1階にある居酒屋です。

少人数でも利用可能な個室が用意されているので、プライバシーを守りながらママとの食事が楽しめます。
人目が気になるママとのデートにも使える店です。

居酒屋ではあるものの、落ち着いたムードで新潟県内の食材を中心に提供されているメニューはどれも本格的。
また、越後波家 だからこそ食べられる創作料理もあります。

新潟屋

新潟市中央区にあるの新潟屋は創作和食料理居酒屋です。
日本海の鮮魚を中心としたメニューが特徴的で、新潟県だからこその味が堪能できます。

また、居酒屋ですからアルコールメニューも豊富。
新潟県の地酒はもちろん、日本全国のお酒が楽しめます。

また、個室の用意もされているので「2人きり」にこだわりたいママも満足してくれるハズ。
駅から近いので電車を使ったママ活にもおすすめです。

にいがた食市場ピアBandai

新潟市万代島にあるのがにいがた食市場ピアBandai。
プライバシー重視も良いけれど、たまにはわいわいと楽しい食事をと考えているママと訪れたい店です。

新潟の市場から毎日旬の鮮魚が入荷されているので、いつでも美味しい海の幸を食べることができます。
また、価格においても市場価格ですのでリーズナブル。

さらに、新潟県の野菜から果物・お米や和牛まで地元の味を楽しめます。

新潟県のママとのデート食事におすすめしたい店をご紹介しました。
それぞれに魅力がありますので、好みや場所・時間に合わせて選んでみて下さい。

新潟県のママの落とし方を知ってママ活へ繋げよう

新潟県のママの落とし方を知ってママ活へ繋げよう

新潟県でママとの出会いが生まれたら、それを繋いでいくことがママ活成功への道となります。
印象よくそしてママが「会いたい」と思ってくれることが大切。

これは、対価という点でも抑えておきたいポイントです。
そこでここでは、新潟県のママの落とし方をご紹介します。

積極的にアプローチをする

ママ活希望の女性の中には、自らが主導権を握りたいというママもいます。
東京都や大阪に見られる傾向です。

しかし新潟県のママは逆。
保守的で、自らアプローチを行う事が苦手です。

そこで積極的にアプローチをしていきましょう。
そのことで、ママへの関心や興味を持っていることそして良い印象を抱いていることをアピールできるのです。

「反応が薄い」と思うこともあるでしょう。
しかしそれもシャイだからこそです。

口が堅いことをアピールする

新潟県の女性の特徴に忍耐強さや保守的という点があるのは先でも分かりました。
この特徴は、新潟県の離婚率の低さにもつながっています。

ママ活女性は、離婚をしたいわけではありません。
ママ活という割り切った関係を求めているのです。

特に新潟県のママはリスクを回避したい気持ちが強いので、口が堅い「信頼できる男性」をアピールしてください。

「この人であれば大丈夫」と思ってもらえることが大切です。
簡単に言えば、誠実な姿勢でママとやり取りを進めていくことがポイント。

時にはママのペースや時間など気にかけるのも効果的です。

ライバルがいないことをアピールする

新潟県のママは競争を嫌います。

「こんな良い人、ほかの女性に取られてしまうかも」などと思いママを落としやすくしてくれるケースもあるのですが、新潟県のママを落とすならその真逆を意識してください。

ライバルがいなく「ママだけと関係を作りたい」とアピールしましょう。

いくつか新潟県のママの落とし方をまとめていきました。
少しの意識で大きな好印象につながるものです。

顔を合わせる時はもちろんですが、サイトやアプリ内でのやり取り時にも意識をして下さい。

新潟県のママ活体験談

新潟県のママ活体験談

新潟県でのママ活体験談を読むことで、流れもより具体的に把握しやすくなります。
また、小さなテクニックを発見できるかもしれません。

そこでここでは、新潟県のママ活体験談をご紹介します。

新潟市内で会える食事ママをゲット

新潟市内で一般的な会社員として仕事をしています。

東京へイベントに出かけることもあり、少しでもその費用が捻出できたらというのがママ活のキッカケでした。

Jメールに登録したのですが、最初は正直ピンと来る女性がいなかったんです。
しかし使い始めて1ヶ月半ほどしたころに同じ新潟市内で小さいながらも美容系のお店を経営しているママと出会えたんです。

「食事デート位なら」という条件だったのですが、初めてのママ活でしたのでOKしました。

新潟駅で待ち合わせをして向かったのは東堀通理にある「モンドール」というフランス料理店。
自分の給料ではまず行けないお店です。

お客さんの年齢層も高めで、会社の人と会うようなリスクも低い店でした。

3時間ほどのデートでしたが、電車代プラス1万円を対価として渡してくれたんです。
こんなに効率的な方法があるものかとビックリしました。

今では、時々ママの愚痴などを聞きながら食事を共にする関係になっています。