栃木県のママ活事情をチェックして満足ママ活を実現させよう

読みたい項目をクリック

栃木県のママ活相場とは?デートスタイルごとにご紹介

栃木県のママ活相場とは?デートスタイルごとにご紹介
商業エリアやビジネス街の広がる宇都宮市から、観光地として人気の那須塩原市などさまざまなエリアが広がる栃木県

ママ活をしたいと考えている方は、相場を把握するのがおすすめ。

交渉時やママ活後に後悔することが無いようにするためにも大切なことなのです。

以下、詳しくスタイルごとに平均相場をご紹介します。

顔合わせ

顔合わせとは、カフェでお茶をする程度のことを言います。

平均相場は3千円~5千円。

時間平均は1時間~2時間ほどです。

短時間ですから、相場も安めになります。

ランチデート

ママとランチをするママ活スタイル。

ファーストデートに顔合わせではなくランチデートからというママもいるでしょう。

平均相場は4千円~7千円ほどです。

平均時間は1時間~3時間。

ランチですから、長時間に至ることが少ないので相場も安めになっています。

ディナーデート

ママと夕食を共に味わい楽しむのがディナーデート。

お酒が入ることもあるでしょう。

平均相場は5千円~1万円ほどです。

お酒が入ると長時間に至ることも多く、長くなるほど対価が高くなる傾向にあります。

1日デート

1日をかけてデートをするスタイル。

ランチとディナー2食を一緒に食べることもあるでしょう。

また、少し足を延ばして観光スポットへ出かけることもあります。

平均相場は1万円~3万円ほど。

お泊りアリであればそれ以上となるケースも少なくありません。

スタイルごとにママ活相場を見ていくと「安い」と感じたかもしれません。

関東地域の中でも栃木県の女性の平均年収は少し少なめ

家賃やそのほか物価も低い傾向にあるので、決して余裕がないわけではないものの、ママ活相場はそれらに合わせて上下するので低くなってしまうのです。

しかし、これはあくまで目安。

それ以上の対価を提示するママもたくさんいます。

これを平均として考えて、より多くの対価を希望するのであれば「相場を超えた提示をしてくれる女性」を探すとよいでしょう。

栃木県でママ活をする際に活用できる探し方と出会い方

栃木県でママ活をする際に活用できる探し方と出会い方

栃木県でママ活をこれから始めたい方はいませんか。

初めてママ活をする方にとって難しいのが「出会い方」かもしれません。

栃木県でママ活を行う際、どのようにママを探し出会えばよいのでしょうか。

ここでは、そんな方法についてご紹介します。

街コンに出掛ける

街コンは、指定された場所やエリアに集まってさまざまな女性と話をしきっかけを掴む方法です。

1人1人との会話タイムがそう長くはないので、限られた時間内に個人的な連絡先や街コン終了後の約束を取り付けるのがポイントです。

また、街コンの開催地は都心部であることが大半。

栃木県で言えば、宇都宮市で開催されていることが多い傾向にあります。

そこまで足を延ばすコスパなどを考えて参加して下さい。

SNSを利用する

無料で利用ができて気軽に交流やキッカケが作れるSNS

今では多くの方が友達作りや情報ツールとして使用をしています。

そんなSNSでもママ活をすることは可能です。

ハッシュタグというものを利用してママを募集したり検索をしてみて下さい。

栃木県内でも、各地域のママとの出会いが作れます。

SNSの種類によっては、明らかなママ活行為を禁止しているところもありますので、隠語を使用するなど注意が必要です。

完全無料でママとのキッカケが作れますが、冷やかしや業者が潜んでいるかもしれません。

ある程度のやり取りを経てから個人的な連絡先や条件交渉を行いましょう。

出会い系サイトやマッチングアプリ

インターネットを活用した方法でも、出会いを探す場所としてサービス提供されているのが出会い系サイトやマッチングアプリです。

ポイント課金制であればその分は有料となりますが、法外な価格設定となることは無いのでコスパは良いと考えられます。

どこにいてもアクセス可能で、理想の地域やスタイルさらには年収などからママ候補が探せるのも大きな利点です。

いくつかの方法をご紹介しました。

自身の生活環境や居住地域、さらには「何が最も利用し続けやすいのか」を考えて選んでみて下さい。

ある程度、継続的に取り入れられるものがおすすめです。

栃木県で使えるママ活サイトやアプリのおすすめはこれ!

栃木県で使えるママ活サイトやアプリのおすすめはこれ!

栃木県内のママを探すのにおすすめしたいのがサイトやアプリです。

各地域を細かく絞り込めたり、年齢をしていできたりと機能性に富んでいるものが多いので効率的なママ活が実現できます。

たくさんのサイトやアプリがありますが、ここではおすすめしたいものを4つご紹介します。

Jメール

会員登録車が600万人を超える大手なのがJメールです。

登録時には無料特典がついてきますので、それを利用してコストを抑えたママ探しも実現できます。

掲示板ジャンルも豊富で、ママ活にピッタリのカテゴリも用意。

シンプルで利用しやすいサイト構成なのも大きな特徴です。

30代~40代の女性利用者が増えているので、ママ活におすすめします。

ワクワクメール

希望の出会いが見つかると称されているのがワクワクメールです。

950万人を超える会員数さらにはアクティブユーザーが多いので、多くの女性の中からママ候補を見つけることができます。

登録無料特典もありますし、ママ活が公認されているために快適な出会いが作れることでしょう。

掲示板も「ミドルエイジ/シニア」というカテゴリがある点にも注目してください。

年齢層を絞った掲示板があるので、アプローチやママ探しがしやすいのです。

実際にミドルエイジやシニア層の登録者の多数でママ活におすすめ。

PCMAX

会員登録者は1千万人以上。

アクティブユーザーは60万人という常に大盛況のサイトです。

アプリ版もリリースされています。

何と言ってもたくさんの募集書き込みが多いので、さまざまな女性の中から「この人」という理想のママが探せるのがおすすめポイントです。

30代~40代前後の女性も多く利用していますので、この点もママ活におすすめしたい理由。

有人サポートで相談にも乗ってくれますので、快適な利用ができます。

ハッピーメール

掲示板ジャンルが細かいのがハッピーメールの大きな魅力であり特徴です。

「会いたい」「特別な出会い」などのジャンルはママ活時に大活躍してくれます。

ただし、ママ活というダイレクトな表現はリスクが高いので他ユーザーから見える段階でこのワードを出さない気遣いが大切。

ライトな出会いを求めている女性も多数登録。

ですから、ママ活目的の利用がしやすいサイトでもあります。

検索機能も充実していて、年齢や興味があること・職業と細かく絞り込んで探すことができるのもおすすめポイントです。

4つのおすすめサイトをご紹介しました。

いずれのサイトも使い勝手がよく、サクラや悪徳業者が少なくさらには実績もじゅうぶん。

それぞれ公式ページへアクセスしその雰囲気をまずはチェックしてみて下さい。

その中から自分の好みや利便性を考えて登録してみてはいかがでしょうか。

栃木県でのママ活はおすすめできる理由について

栃木県でのママ活はおすすめできる理由について
栃木県でのママ活はおすすめです。

とはいえ、なぜおすすめなのかが分からない方も多いかもしれません。

栃木県の生活環境や県民性を見てみると、その理由もまた見えてくるのです。

ここでは、栃木県でのママ活がおすすめできる理由をご紹介します。

経済的余裕があるママが多い

先に、関東地方の中では平均年収が低いと記しました。

ですから、相場は関東の中では高いものではありません。

しかし、全国に目を向けると栃木県の平均所得は高いといえるのです。

47都道府県から見るとランキング5位。

1人あたりの県民所得は325万円です。

このことから分かるように、経済的な余裕がありますのでママ活がしやすいのです。

1人当たりの所得が多く潤っているのでママ活希望の女性も多い傾向にあります。

ライバル争いが少ない

首都圏でのママ活は、どうしてもライバルが多くなってしまいます。

人口が多いことや、有名大学生など「看板が大きい」男性も少なくありません。

時に、そうした側面が需要が高くてもライバルが多すぎて出会えないこともあるのです。

しかし、栃木県はママ活がしやすい環境にあるものの、しようとする男性はそう多くありません。

ですから、比較的スムーズにママ探しができるのです。

自立した女性が多い

自立という東京や大阪などをイメージするかもしれません。

しかし、実は栃木県の女性も自立している人が多いのです。

栃木県は産業が盛んな県でもあります。

いわば「あらゆる人が働きやすい環境にある」のです。

こうした理由から、経済的に自立をしている女性が多くなります。

自立した女性が多いことは、ママ活もしやすく男性の需要が高くなる傾向だとも考えられるのです。

こうして理由を見ていくと「なぜ栃木県でママ活ができるのか」が見えてくるかと思います。

東京や神奈川まで行かないとと考えている栃木県の男性がいるのでしたら、それは間違いです。

まずは、県内でママを探してみて下さい。

栃木県のママの特徴を知ってママの心を掴む

栃木県のママの特徴を知ってママの心を掴む

ママ活を行いたいと考える女性心理はさまざまです。

癒しが欲しいという女性もいれば、恋人などは不必要で割り切った異性関係を望んでいる人もいるでしょう。

では、栃木県に照準を合わせるとその特徴はあるのでしょうか。

ここでは、栃木県のママの特徴を確認していきます。

大切にされるママ活関係が築ける

いくら対価があるからと言っても、扱いが荒かったり適当な態度を取られてしまうと男性も気分が悪くなってしまうもの。

せっかくママ活をするのですから、お互いに楽しい時間を過ごしたいものです。

栃木県のママの特徴は相手を大切にしてくれる点があります。

栃木県の離婚率・未婚率が低いのです。

こうしたデータからでも「大切にする県民性がある」とわかります。

継続的なママ活や月極ママを探している方にもピッタリの環境が用意されているのです。

年下好きなママが多い

年下好きなママが多い
栃木県のママは「年下好き」という特徴があります。

年下とやり取りをするとで若い感覚を持っていたいという意識もありますし、全国平均所得が高いので経済的なばかりではなく心にも余裕があります。

「若い男性を応援したい」「夢のある男性を応援したい」という気持ちが強い傾向もあるのです。

サバサバしている

特に県央エリアはサバサバした性格のママが多い傾向にあります。

これは県民性にも言えるのですが、産業が盛んだという背景も要因の1つかもしれません。

白黒はっきりさせたいと考えるママが多いようです。

ですから、情を引きずることないママ活がしやすいでしょう。

お人よしな側面がある

県全体の県民性として言われているのか「お人よし」です。

やり取りを重ねていきある程度の信頼関係ができると、自分自身が妥協をしたり「相手のために」と思う事が増えてくれるのです。

これは、ママ活をする上でも条件交渉や対価アップの流れやムードを作りやすい特徴ともいえるでしょう。

いくつかのママの特徴を確認していきました。

こうした特徴を知っておくと、出会いや日頃のやり取りさらには会ってからでも役立つポイントとなります。

栃木県おすすめのママの職業と年収チェック

栃木県おすすめのママの職業と年収チェック
栃木県は産業都市として有名な地域。

ママの性格やママ活スタイルなどの相性も大切ではありますが、職業や年収も気になる点です。

ここでは、おすすめしたいママの職業と年収を確認していきます。

経営者

自立した女性が多い県でもある栃木県。

経営者として活躍しているママもたくさんいます。

平均年収は1000万円~1億円前後。

かなりの高収入と言えるでしょう。

家族経営の会社などであれば、1000万円程度となるかもしれませんが、それでもじゅうぶんな余裕があるママです。

会社員

宇都宮市を中心にさまざまな会社が集まっています。

会社員ママもまたおすすめしたい職業なのです。

平均年収は300万円~550万円前後。

役職に就いていれば、役職手当がプラスされるためそれ以上となることもあるでしょう。

特に独身の会社員ママであれば経済的に余裕ある状態でおすすめです。

ショップ店員

観光エリアから中心部まで多くの女性が活躍しいてるのがショップ。

バイトではなく正社員雇用をしているところも少なくありません。

平均年収は300万円~400万円前後。

ママ活を行えるのにもじゅうぶんな年収があります。

いくつかの職業をピックアップしていきました。

また、主婦のママも配偶者の年収によってはかなりの余裕がある女性も多いのでおすすめです。

栃木県ママとデートをする時に使える場所

栃木県ママとデートをする時に使える場所
栃木県でママと会う際にデートをするシーンも多くあります。

ママと一緒に話し合って決めるのも楽しいのですが、男性側がいくつか案を持っておくとスマートです。

ここでは、ママと一緒に行きたいおすすめスポットをご紹介します。

宇都宮美術館

宇都宮市長岡街にある美術館です。

落ち着いた雰囲気が好きなママや美術に興味があるママと訪れたいスポット。

周辺には、うつのみや文化の森など散策スポットもありますので、大人のデートが楽しめます。

都市部にも近いため、そのあと食事へという際にも移動がしやすいのもおすすめポイントです。

佐野プレミアムアウトレット

佐野市名越町にあるアウトレットです。

ショッピング好きのママも大満足してくれるスポットです。

敷地も広いので、意外に人目に付きにくいのもおすすめポイント。

施設内には食事やカフェができる場所もあります。

また、広大な駐車場も完備されているのも便利です。

日光東照宮

日光市山内にあります。

少し足を延ばしたデートができるのであればおすすめしたい日光東照宮

修学旅行などでも人気のスポットです。

地元栃木県民はあまり足を運ばないのもおすすめ理由。

知り合いにバレる可能性が低いのです。

1999年に世界遺産登録された美しく荘厳な神社へ改めて足を運んでみて下さい。

那須高原

那須郡那須湯本にあるのが那須高原

茶臼岳などを眺めることができます。

自然散策が好きなママや、日常ストレスが大きいママと訪れたいスポットです。

四季折々の自然が織りなす風景は、いつ足を運んでも見応えじゅうぶん。

那須エリアのママはもちろんですが、1日やお泊りデートでもおすすめできます。

あしかがフラワーパーク

足利市迫間町にある公園です。

四季折々の花々が咲き誇るあしかがフラワーパーク

また「世界の夢旅行先」において選ばれた日本唯一の絶景スポットでもあります。

冬季にはイルミネーションも点灯され、ロマンティックなムードも演出できるのもおすすめ理由。

電車であれば、両毛線の「あしかがフラワーパーク駅」が便利です。

栃木県内おすすめのデートスポットを幅広くご紹介しました。

ママの都合やママ活内容などに合わせて選んでみて下さい。

天候に合わせたり季節に合わせたりする気持ちも大切です。

栃木県のママとデート食事する時に使える店

栃木県のママとデート食事する時に使える店

栃木県でのママ活スタイルとして一般的なのが「デート食事」です。

ファーストデートではまず食事からという事も多いでしょう。

ここでは、栃木県でママとデート食事するときに使いたいおすすめ店をご紹介します。

レストランチヒロ

宇都宮市吉野にある一軒家レストランです。

南宇都宮駅から近いながらも隠れ家的なムードがあるのでママとのデート食事にもぴったり。

栃木県を中心に農園から直接届けられている野菜類などをふんだんに取り入れたコースがおすすめ。

また、テラス席で食事をすることも可能ですので、天気が良く暖かい日には開放的な時間を過ごすのも良いでしょう。

ランチタイムとディナータイムがあるので、あらゆるデート食事シーンに活用できます。

石の蔵

宇都宮市東塙田にある創作和食

宇都宮駅から徒歩15分のところにあります。

営業時間が11時半~22時半と長いために、デート食事にも使い勝手抜群です。

栃木県産の有機野菜やとちぎ和牛など「地元」を感じさせてくれる素材もふんだんに使用し、いつ見て食べても新しく美味しいメニューが展開されています。

シェルターガーデン

宇都宮市長岡街にあるシェルターガーデン

宇都宮駅から車で15分ほどの場所にあります。

カフェ&レストランですので、気軽に立ち寄ることもできるので、初めてママとのデート食事の際にも立ち寄りやすいでしょう。

開放感あふれる雰囲気と、自然が広がるガーデンが印象的。

ランチからディナー対応しているのでママの都合に合わせた利用も可能です。

日光グルマンズ和牛

日光市所野にあるステーキ店です。

とちぎ和牛をはじめさまざまな産地の牛肉を使用したステーキが提供されています。

ランチであれば4千円、ディナーは5千円前後から最高級ステーキが堪能できますのでコスパも抜群。

デザートやアルコールメニューも豊富なので、美味しいものが大好きなママとのデートにもおすすめ。

地産地消推進店 とちぎ家

宇都宮市本町にあるその名前から出も分かる通り、栃木県の味覚を堪能できるお店です。

しゃぶしゃぶやすき焼きなどのメニューが主となっていますので、ママと穏やかで楽しい時間が過ごせることでしょう。

食べ放題コースもあります。

また、お酒好きなママとのデートにもぴったり、

栃木県の豊かな水源と大地に育まれた日本酒や焼酎などのラインナップが豊富なのです。

ワインもありますので、食事と合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

ママと使えるデート食事の店をご紹介しました。

ライトな感覚からゆったりとした時間を過ごすことができるお店までさまざまあります。

ママの好みを事前にリサーチしておけばより満足してもらえるお店選びができますので、聞いてみるのも良いでしょう。

栃木県のママの落とし方を知ればスムーズなママ活ができる

栃木県のママの落とし方を知ればスムーズなママ活ができる

栃木県のママの特徴をチェックすることで、どう立ち回ればよいのかも見えてくるもの。

しかし、より具体的にママ活を進めていくには「落とし方」をチェックしておくのもおすすめです。

ここでは、栃木県のママの落とし方テクニックを確認していきます。

キラキラさが大切

「キラキラさ」と言ってもビンと来ない方もいるかもしれません。

大切なのはママに魅力的だと思ってもらう事です。

必ずしも外見やスタイルが良い必要性はありません。

1つの目標のために頑張っている人を栃木県のママは応援したくなるのです。

熱意や将来の夢について「ひたむき」に頑張っている姿勢をアピールしてみて下さい。

ママの話を遮らない

ママの話を遮らない

白黒はっきりしている県民性を持つ栃木県のママ。

これは別の角度から見れば「自分自身の意思をはっきり持っている」とも考えられます。

ですから、ママの話を遮ることなく最後まで聞く姿勢を持つよう心掛けるのが落とし方のテクニック。

ママはママ活によって非日常を求めています。

本心をさらけだしたい・さらけだせる相手を求める傾向もあるのです。

聞き役に徹することで、自然とママは「大切な人」と思ってくれるハズ。

これは、継続的な関係を希望する場合にも注目しておきたいポイントといえます。

距離感は大切に

特に既婚者ママを落としたい場合に意識したい点です。

距離感が近くなりすぎてしまうと、家庭に影響が及ぶのではないかと逃げ腰になるかもしれません。

個人的な連絡先を好感しても、頻繁に送るような行為は避けて下さい。

基本的にはママから連絡が来たら返すのが良いでしょう。

もしくは、サイトやアプリ経由で連絡を入れるのも1つの方法です。

女性として扱う気持ちを忘れない

ママという意識を強く持ち過ぎないようにして下さい。

ママ活を希望している女性の多くは「1人の女として見られたい」という気持ちがあるのです。

女性が喜ぶ言葉をかけたり、女性として大切に扱う姿勢を心がけましょう。

栃木県のママを落とすテクニックをご紹介しました。

ママ活経験がない方でも実践しやすいものばかりですので、やり取りがスタートしたらぜひともこれらを意識して接して下さい。

栃木県のママ活体験談

栃木県のママ活体験談

生活に余裕が欲しいなと思ったのがママ活のキッカケでした。

今の収入ではギリギリで恥ずかしながらほしい服さえ買うことができませんでした。

ナンパをしてみようかとも考えたのですが、仕事の都合などもありJメールを使ってみることに。

利用をしてから1ヶ月も経過しないうちに1人の女性と巡り合いました。

ママは40代前半で、企業勤めをしている人です。

恋人は要らないから男性と単純に楽しい時間を過ごしたいとのことでした。

早速会おうという事になり、短時間デートと食事をすることに。

当日は、宇都宮駅で待ち合わせをしました。

ママが独身なので人目はあまり気にしない様子。

二荒山神社ヘ歩いて行きました。

繁華街に近いのに静かな雰囲気でとても良い場所なんです。

ママにそんな話をするととても喜んでくれました。

食事は東宿郷の「ひょうんたん寿司」へ。

コスパがよく凄く美味しいんだとおすすめしてくれたんです。

たくさん食べてしまいましたが、その様子を見てニコニコししてくれたので少し安心しました。

それからというものの、ママとは食事デートや飲みデートを何回かしています。

おかげで余裕も生まれましたし感謝しています。

今度は週末を利用して少し遠出をする予定です。