山形県のママ活がおすすめの理由から詳しい情報をご紹介します

読みたい項目をクリック

山形県のママ活相場とは?目安のためにも確認してみよう

山形県は最上エリア・庄内エリア・村山エリア・置賜エリアと大きく4つに分けることができます。
この4つの地域すべてから見るママ活の平均相場を以下ではご紹介します。

顔合わせ

ファーストデートの際には顔合わせやカフェデートが主流。
平均相場は3千円~5千円前後となります。

また、カフェデートであれば6千円ほどになることもあるのです。
時間に関しては、1~2時間程度。

短時間デート

買い物からランチなどの短時間のデートです。
平均相場は5千円~1万円前後。

時間は1時間~3時間ほどです。
3時間もしくはそれ以上となる場合には、当然ながら対価もアップします。

夜デート

夜デートは食事だけのこともありますし、夕方近くに待ち合わせをして軽いデートと食事という流れが多いのです。

平均相場は5千円~1万5千円前後。

時間は2時間~4時間ほどと考えて下さい。
日中のデートと比較をすると、相場が高くなる傾向にあります。

1日デート

まるで恋人のような1日を過ごすママ活スタイルです。
遠方に足を延ばすことも可能な1日デート。

平均相場は1万円~3万円前後。

時間は10時間~12時間ほどが多いです。
拘束時間が長い分、相場も高くなります。

一般的なママ活スタイルと山形での相場を見ていきました。
1泊となると、3万円~5万円もしくはそれ以上になることも。

東京と比較をすると、相場はやや低くなってはいるものの、じゅうぶんな相場を誇っているのです。

山形県でママ活をするなら利用したいママの探し方や出会い方について

山形県でママ活をするなら利用したいママの探し方や出会い方について

ママ活をしてみたい・ママとの出会いを探している方もいるかもしれません。
しかし、未経験であれば特に「山形県でどうやってママと出会うのか」と悩むこともあるでしょう。

そこでここでは、山形県でママと出会うための方法についてまとめていきます。

街コン

街コンとは、参加費を支払ってさまざまな女性と話をしお互いが気になれば個人的な連絡先を交換したり、その後デートをするなどの流れが作れます。

自治体が実施していることもありますが、真剣な出会いを求めている女性が多い傾向があるのです。
ライトな街コンは企業や業者が主催していることが多いでしょう。

なお、街コンの主催値は都市部(山形市周辺)で開催されることが大半。
都市部に近いかもしくは足を運びやすい方には使える探し方です。

ナンパ

駅周辺もしくは駅近くの商業施設や飲み屋などで声を掛けます。

都市部以外であれば、大型ショッピングモールなどがおすすめです。
1人で歩いている女性に声をかけて下さい。

ママ活希望の女性であるかや、ママとして関係を持ってくれるかは不確かなので、数をこなす必要があります。

出会い系サイトやマッチングアプリ

出会い系サイトやマッチングアプリはインターネットを利用して出会う方法。

山形県の女性も多く利用をしています。
より細かな地域を検索機能で絞り込んだり、希望に合わせて掲示板を選ぶことも可能。

また、理想のママを条件指定できるなど機能性も十分。
コストもかかりにくく忙しい方にもピッタリです。

いくつか山形県でママと出会う方法をご紹介しました。
気になる方法を同時に利用するのも良いですし、コスパや自分自身の都合に合わせて1つを選ぶのも良い方法です。

山形県で使えるママ活サイトとアプリのおすすめ

山形県で使えるママ活サイトとアプリのおすすめ

山形県でのママ活を効率化させるため、忙しい方でもママ活がしやすくなるのが出会い系サイトやマッチングアプリです。

サイトやアプリも今ではたくさんの種類があります。
ここでは、ママ活におすすめのサイトとアプリをご紹介しましょう。

Jメール

Jメールは、登録女性の年齢層が30代~50代と比較的に高めです。

ママ活をしたいと考えているママの年齢層にピッタリ該当しています。
理想のママを簡単に見つけやすいのが大きな魅力。

さらには、条件検索機能も充実しているので「こんなママが良い」という希望に沿う事もできます。

ワクワクメール

出会い系サイトやマッチングアプリの中には「ママ活利用は禁止」と謳っているところもあります。

しかし、ワクワクメールはそのような規約がないので、ママ活目的で出会いを探しても処分などが一切ありません。

安心してママ活出来る環境にあるのがワクワクメールなのです。
また、新規登録後は無料に加え特典ポイントが付与されるためコスパの良いママ活が実験できます。

PCMAX

PCMAXは「ピュアジャンル」「アダルトジャンル」と大きく分けて2つに分類されています。

さらにそこから目的別に掲示板が探せるシステムです。
ママ活をする際に分かりやすくママを探しやすい環境が用意されています。

また、都道府県別に検索できたり投稿時にも選択可能ですから、山形県やより細かな地域を絞ってママ活ができるのです。

ハッピーメール

日本でも有数の出会い系サイトと言われているのがハッピーメールです。

老舗ならではの安心環境でママ活ができます。
また、出会い系サイトやマッチングアプリは男性比率が高くなる傾向があるのです。

しかしハッピーメールは違います。
女性ユーザーが多いので、ママ探しにピッタリです。

4つの出会い系サイトやマッチングアプリをご紹介しました。
いずれも快適なママ活ができるものばかりですから、公式ページなどを参考に自分自身に合うものを選んで下さい。

山形県でのママ活がおすすめの理由を紹介します

山形県でのママ活がおすすめの理由を紹介します

山形県はママ活におすすめできる県でもあります。
「なぜ?」と疑問に思われる方もいるかもしれません。

ここでは、山形県でのママ活がおすすめできる理由をご紹介しましょう。

温かみがあるので初心者のママ活にもピッタリ

山形県の女性は辛抱強く温かみのある県民性があるとされています。
実際、山形県は離婚率が全国40位以下。

母性性も強いので、初めてのママ活でも「安心できる」「話しやすい」と感じる方も多いでしょう。

実はアクセスが良いのでママ活幅が広くなる

山形県内でも特に「村山エリア」は県内のほぼ中央にあります。
県土の28%を占めるエリアで、ママになりたい女性も少なくありません。

交通網も発達していて、お買い物から居住さらには観光までさまざまなエリアがあるので利便性も抜群です。

出会いを探している女性が多い

ママ活をしたい、異性との出会いを探している女性が多いのです。
実際に、出会い系サイトやマッチングアプリで検索をしてみると山形県の女性が多くヒットします。

地元では出会いにくい、きっかけをつかむ勇気がないなど、どこか内向的な県民性がある山形県の女性。
しかし、男性側からアピールすることによって関係性を深めることが可能です。

いくつかおすすめの理由をご紹介しました。

また、自家用車を1人1台所有していることも多いので、ママとのデートの際にも距離を気にする必要が少ないのもおすすめ理由です。

山形県のママの特徴とは?

山形県のママの特徴とは?

山形県のママにはどのような特徴があるのかをチェックしておくのも大切。
きっかけ作りから会うまでの流れがぐっとスピーディーになります。

そこでここでは、山形県のママの特徴をご紹介しましょう。

年下が好きなママが多い

ママ活ですから年上ではという声もあるかもしれません。
しかし、中には20代の若いママも多いのです。

山形県でママ希望の女性は、年下が好きな30代以降のケースが多い傾向にあります。
また、セレブママが多いのも特徴的です。

流行に流されにくい

流行っているからママ活をするという感覚でママになりたい女性は少ないのが山形県。
県民性の1つとして流行やそのほかの物事に流されない性質があります。

自分を持っていると考えると分かりやすいかもしれません。
よく「しっかり者が多い」とも言われる山形県の女性。

ママとなっても、安定的な関係を望む傾向があります。

気軽にコミュニケーションが取れる

山形県のママは気軽にコミュニケーションが取りやすいのも特徴です。
奥ゆかしい県民性ではありますが「堅物」というわけではありません。

実際にやり取りをしてみると、気軽に話しやすくコミュニケーションも取りやすいと感じることでしょう。

遊びに行きたい気持ちが強い

文化や歴史さらには味覚などさまざまな魅力がある山形県。
女性が役員や経営者に就いているケースが多い山形県の女性はストレスもたまりがち。

山形県の中心部の女性の中には仙台まで遊びに行くことも多いようです。
これらの背景からでも分かるように「遊びに行きたい」気持ちが高い傾向があります。

山形県のママの特徴をピックアップしました。
コミュニケーションが取りやすいのは魅力的と感じた方も多いことでしょう。

ママとの関係がスタートすると継続的な関係や、月極ママになってくれる可能性も高いのでママの特徴を把握しておくのが「本気のママ活」をしたい方にはおすすめします。

山形県でのママ活時に参考にしたいおすすめのママの職業と年収について

山形県でのママ活時に参考にしたいおすすめのママの職業と年収について

山形県でママ活をしたい場合、ママの職業と年収について考えてみて下さい。
継続的なママをほ希望する場合には、ママと自分自身の相性ももちろん大切。

しかし、対価を効率的に得たいのであればこの点にも注目するのがおすすめです。
ここでは、そんなママの職業と年収をまとめていきます。

経営者

ママの経営者は数少ないように思うかもしれません。
確かに、男女比だけを見れば男性の方が山形県でも多いです。

しかし、47都道府県の中でも山形県は女性経営者が多いのもまた事実。
経済的な余裕から「夢ある人を応援したい」とママ活をする場合もあります。

年収は会社や店舗の規模にもよりますが、1000万円~1億円ほど。
それ以上の年収がある女性もいます。

会社員

村山エリアは特に企業が多いエリア。
会社員として働くママもたくさんいます。

年収は300万円~500万円ほど。
少ないと感じるかもしれません。

しかし、役職に就いている場合には手当も加算されるので、いわゆる「エリートママ」であれば経済的余裕はじゅうぶんにあるのです。

薬剤師

山形県全土で人気と需要が高い職種ともいえるのが薬剤師です。
調剤薬局からドラッグストアまで活躍をしています。

地域を問わずに出会いやすいママの職業ともいえるでしょう。
年収は500万円~700万円ほどで高めです。

主婦

兼業主婦や専業主婦の場合、年収そのものは少ないもしくはゼロになります。

しかし、時間に余裕がありさらには配偶者の収入によっては「好きなことを好きなだけできる」ママも少なくありません。

平日の日中などがデートタイムになりやすい傾向にあります。

いくつかおすすめママの職業と年収をピックアップしました。
対価にこだわりたい方や、相場より高めを希望する場合にはこれらの点からママ探しをするのも良い方法かもしれません。

山形県ママとデートにおすすめしたいスポット

山形県ママとデートにおすすめしたいスポット

ママ活ではママがデートを指定することもあります。

しかし言う通りにするのでは無く「ママに喜んでもらいたい」と気持ちをアピールすることが、対価アップや継続的な関係に繋がりやすくなります。

そのためにも、いくつかデートスポットをチェックしておいて下さい。
ここでは、山形県のママとデートにおすすめしたいスポットをご紹介します。

霞城セントラル

山形市の城南町にあるのが霞城セントラルです。

山形駅から連絡通路を使用すれば徒歩5分というアクセス抜群の総合施設。
電車利用のママやショッピング好きのママは喜んでくれるハズです。

映画館から飲食店まで1施設に入っているのもおすすめポイント。
霞城セントラルは山形県のランドマークとも言われていますので、迷ったら選んでみて下さい。

白糸の滝

最上郡戸沢村にある白糸の滝は、日本の滝百選の1つです。
最上川沿いの山地である最上峡に流れています。

観光スポットとしても人気ですが、地元の人が訪れることも多くはないのでママとのデートにもピッタリです。

銀山温泉

尾花沢市大字銀山新畑にあるのが銀山温泉です。
木造づくりの宿が立ち並ぶ温泉街。

名湯としても有名な銀山温泉は、お湯に入らずとも大正レトロな雰囲気を楽しむことができます。
日帰り温泉施設もありますから、ママとのドライブデートにもおすすめです。

鶴岡市立加茂水族館

鶴岡市立加茂にある水族館です。
デートの定番ともいえる水族館ですが、ムードが満点なのがおすすめポイント。

目玉ともいえる「クラゲドーム」は幻想的な空間が広がっています。
クラゲの種類だけでも50種類以上もいるので、ママと2人で楽しい会話をしながらじっくり鑑賞するのも良いでしょう。

5つのデートスポットをご紹介しました。
ママの希望や時間帯さらには天候などに合わせてチョイスすると印象もアップしやすくなります。

山形県のママとデート食事におすすめしたいスポット

山形県のママとデート食事におすすめしたいスポット

ママ活の定番デートは「食事デート」です。
山形県内には山形市を中心にさまざまな味覚が楽しめる店が多くあります。

ここでは、ママ活時に使いたいおすすめスポットをご紹介しましょう。

亀松閣

山形市薬師町にあるのが亀松閣。

由緒正しい料亭で、セレブなママとの食事デートにピッタリです。
歴史的な背景もある料亭ですから雰囲気は抜群。

山形県をはじめ厳選食材を使用した料理は、少量1品コースですからママも楽しい時間が過ごせるハズ。
山形駅から車で10分というアクセスの良さもおすすめポイントです。

アルケッチャーノ

鶴岡市下山添一里塚にあるイタリアンレストラン。

本場のイタリアンに負けることのない味が魅力です。
イタリアで本場の料理を食べてきたママでも満足してくれる本格的なメニューが並びます。

アルコールからドルチェまできめ細やかなラインナップもおすすめポイントです。
人気のお店となっていますから、予約を入れると安心。

焼肉処 豊

天堂氏大字老野森にあるのが焼肉処1 豊です。
オーナーは山形県で畜産業を営む牧場の家族が手掛けている焼き肉店。

出汁に漬け込んだ「京都焼き肉」を山形で味わえる貴重なお店でもあります。
ママとの食事デートにもピッタリな個室も完備されているのもうれしいポイントです。

はやと

上山市二日町にあるのがはやとです。
創作日本料理のお店で、山形の海の幸・山の幸を堪能することができます。

旬の食材に舌鼓を打ちつつ、非日常的な雰囲気でママもきっと大満足してまれるでしょう。
また、山形産のワインもおすすめ。

6DINING

南陽市赤湯にあるオシャレなレストランが6DININGです。

カジュアルフレンチで気軽に立ち寄ることができるお店ですが、旬の山形食材が思う存分楽しめる質の高いお店でもあります。

ランチメニューは2か月ごとに変わり、米沢牛ステーキやハンバーグなどがおすすめ。
また、ディナーにも対応しているので利便性も抜群です。

ママとの食事デートですから、いつもとは違う空間で楽しくゆったりとした気持ちで過ごせるお店をピックアップしました。

ママの好みを事前リサーチして選んでみて下さい。

山形県のママの落とし方テクニックを大公開

山形県のママの落とし方テクニックを大公開

街コンや出会い系サイト・マッチングアプリと山形県におけるママ活環境はじゅうぶんにあります。
しかし、ママと出会えれば条件成立とはいきません。

女性に「ママになりたい」と思ってもらう必要があるのです。
ここでは、ママ活成功にも役立つ「ママの落とし方」のテクニックをご紹介します。

誠実かつ清潔感は重要

山形県の女性は奥ゆかしい県民性があると先にも記しました。
その中にも自分自身の芯を持っているのが山形県の女性。

古き良き日本の特徴を持つ女性が多いので、男性に対しても誠実で夢のある男性を好む傾向があります。

誠実さは、やり取りをする際の言葉遣いからでも見て取れるもの。
ラフになり過ぎないよう、特に最初の段階は注意をして下さい。

「敬う気持ち」を持つことがポイントです。
また、外見も疎かにしないよう心掛けましょう。

インターネットを利用したママ活でも、写真やアイコンからその雰囲気は伝わってしまうものです。
清潔感ある服装や部屋(写真に写り込む部分)にも気を付けて下さい。

スマートな男性を心がける

スマートな男性を心がける

ママ活経験や女性経験が少ない男性であれば「スマートさ」と言われると身構えてしまうかもしれません。

しかし、スマートのコツは簡単です。
一言で言えば「女性として扱うこと」。

ママとしてもしくは年上の人という気持ちで接してしまうと、それが伝わり好印象にはつながりません。
ママ活をする女性は、夢を応援したいや暇つぶしにとさまざまな理由があります。

しかし基本的には「女性として扱われたい」という願望があるのです。
この部分を忘れずにコミュニケーションをとってください。

ファーストデートの際は、ドアを開けてママを通してあげるなどのちょっとしたエスコートも忘れずに。

秘密を守ること

東京や大阪などのママの中には、自らがママ活をしているとカミングアウトする女性もいます。
パートナーとなる男性がそれを周りに話しても気にならないという女性もまたいるようです。

しかし、山形県のママはそれらを望みません。
出来れば「秘密にしていたい」と考える傾向にあるのです。

絶対に第三者にママ活をしているなどは話さないようにしてください。

「ママに言わなければバレないのでは」と思うかもしれませんが、何気ないやり取りの中で不意に知られてしまう可能性もあります。

「秘密を守ってくれない=不真面目で信用できない」と縁を切られてしまうかもしれません。

このことからでも分かるように、秘密を守れる・自分も周りに知られることなくママ活をしたいとの意思を伝えることが大切です。

速さを意識しすぎない

山形県の中にももちろん「即日ママになりたい」という女性もいます。
しかし、全体的に見てみると「関係を築き信頼できてからママになりたい」と考える女性が圧倒的です。

今すぐにと考える男性の中には、条件交渉を急いでしまったり会う流れをママの意見を聞かずに進めてしまう事があります。

速さを意識し過ぎてしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまうので「じっくりと関係を築く」ことから始めていきましょう。

褒めることを意識する

山形県のママに限らず女性であれば嬉しいと感じる点かもしれません。
山形県の女性は、見返りを求めることなく我慢をする県民性があります。

ですから、褒められることが特別だと感じるケースも多いのです。
実際に褒めても「あまり嬉しそうにしてくれなかった」という場合も安心してください。

褒められ慣れてなければ、リアクションにも困るもの。
また、気恥しさから感情をストレートに表現できないのです。

ママとのやり取りの中で「褒めポイント」を見つけて下さい。
内面的なものでも良いですし、もちろん外見的な要素も褒めていきましょう。

出会い系サイト・マッチングなど文字を使ってやり取りをしているのであれば「少し大げさな表現」でも良いかもしれません。

山形県のママを落とすテクニックをご紹介しました。
小さな心がけや意識でママ心をつかむことができるものなのです。

今スグに始められるものを集めましたので、ママ活をしたい方は抑えておいてください。

山形県のママ活体験談

山形県のママ活体験談

山形県でママ活をする上において、実際にママ活をした方の声を聞くのもおすすめです。
参考になりますし、大きな流れを知ることができるかもしれません。

ここでは、山形県でのママ活体験談をご紹介します。

夜デートで美味しいご飯と効率的なママ活実践中!

自分がママ活をしようと思ったのは、趣味のサバゲーにお金をかけたかったからです。
とはいえ、それをアピールしても女性受けは良くないだろうと分かっていました。

Jメールを使っていたのですが、夢があってそのために頑張っているとプロフィールに書いたんです。

最初は数人の女性と軽くやり取りをする程度でした。
しかし、1人だけ楽しくそしてやり取りが続いている女性がいたんです。
それが今のママです。

36歳で家族の会社で役員をしているママは収入もあります。
しかも独身で実家暮らしということで「余裕はあるから夢を応援させてほしい」と言ってくれました。

ファーストデートは夜の食事。

短時間だし会ってみてダメなら次を探そうかなくらいの気持ちではいたものの、せっかくなら「ママを楽しませたい」気持ちもありました。

連れて行ってくれたのは香澄町にあるホテルメトロポリタン山形、
その中にある「最上亭」という鉄板焼きでした。

個室でゆったりと話も出来ましたし、何と言っても自分では行くこともお店に大感激してしまいました。
時間としては2時間半~3時間程度だったと思います。

帰り際、ママは「とても楽しかった」と言ってくれました。

会わないときは時々、他愛ないやり取りをしています。
そして忙しいママとは基本夜の食事や飲みデートを重ねているんです。

短時間で対価も良く、さらには相性もばっちりのママと出会えてラッキーでした。

Jメールは全体的に落ち着いた年齢の女性が多いような気がするので、月に2回くらい昼デートできるママを探しても良いかななどと思い始めています。