パパ活ってどんな目的でするの?|パパ活のやり方・コツ・リスクまで総合解説!

なんでパパ活をするの?と疑問を抱いている人のために、今回の記事ではパパ活の目的について解説をしてみました!

また、疑問を抱いているということは、パパ活に興味があるのではないでしょうか?なんとなく、避けてしまいがちのパパ活。でも、パパ活って本当に悪くて危ないことなのか?

このあたりも含めて総合的に解説した上で、パパ活をできるだけ安全に始めてみたいという方に向けて情報をまとめてみましたので、是非、気になる方は一読ください!

読みたい項目をクリック

なんでパパ活をしている人が多い?|パパ活をする目的はお金だけじゃない

「周りを見渡してみると、結構パパ活をしている女子が多いんだけど、なんで?」と思う方もいるでしょう。20代の女子に限って言えば、10人に1人がパパ活を経験したことがあるというデータもあります。そう考えると、そんなに珍しいことでは無いですよね。

ここでは「なんで女子はパパ活をするのか?」という点を解説します!

新しい経験をしたい

新しい経験をする時、どうしてもお金が必要になる時がありますよね。でも、若い女性はお金を稼ぎにくい状態にあるのが日本の現状です。

たとえば「高級なレストランに連れて行ってもらいたい。」「高級車でドライブしてみたい。」など、キラキラした憧れるような体験にはお金がかかることが十分に考えられるでしょう。

しかし、そんなお金のかかる体験をすることは簡単にはできません。年収を上げて、理想の体験のできるコミュニティを探すのは簡単なことではないですからね。

ただ、パパ活をすると、自然とお金がかかるような新しい経験を得られる可能性があるのです。

パパ活女子の主な年齢層は20代前半以下とされています。そして、パパの主な年齢層は40代以上です。

日本では、基本的に年収は年功序列で決まりますし、女性は男性に比べて年収が低い傾向にありますから、年齢の若い人達は、どうしてもお金の面で苦労します。逆に、40代以上の男性は、高い年収を稼いでいることが多いのです。

お互いの需要と供給がマッチした上で、新しい経験を得られる可能性が高まるのですから、魅力を感じても不思議ではありませんね。

「若い内にキラキラしたような体験をしてみたい!」と思うこと、決して変なことではありません。パパ活は、そんな新しい体験を得られる可能性を秘めているともいえますね。パパ活女子は、体験に魅力を感じる方がいるのです。

人と話したり触れ合ったりするのが好き

人と交流するのが嫌いなのにお金のためにパパ活をする方もいるかもしれませんが、きっとそれだと長続きしないでしょう。

特にパパ活は、男女の関係性を楽しむものですから、距離が近くなりやすく、過ごす時間も濃密になりやすいです。

パパ活女子は、基本的に人と話したり、触れ合ったりするのが好きじゃないとできません。

もし、人との交流が好きなのになかなか出会いも無くて、男女の関係性も作れない環境になっているのなら、パパ活をすることで楽しみを作ることができるでしょう。

また、人と一緒にいるのが好きな方は、1人でいると「寂しい」と感じやすい傾向にありますから、パパ活が寂しさを解消するキッカケにもなりますね。

ただ「寂しいと思った時に会いたい」と思う方も少なくないでしょう。一時期、ソフレという言葉が流行ったように「都合の良い関係」を求めたい時がきっとあるはずです。多くの人はそんなに強く生きられないですから。

パパ活は、お金の絡む関係だからこそ、後腐れなく「都合の良い関係」を築くことができるので、気持ち的にある程度の余裕を持って交流できるのです。

人と話したり触れ合ったりするのが好き。だけど、ずっと一緒にいて欲しい訳じゃない。そんな欲求を満たす方法として、パパ活が選ばれるのも自然なことでしょう。

女性らしい体験をしたい

パパ活女子は未婚者だけとは限りません。既婚者の女性がパパ活をする例もあります。そういった方は、お金に困っているケースもありますが、女性として扱われたい思いを叶えるためにパパ活をしていることがあるのです。

「結婚して何年か経って、男女の関係も無くなっちゃった…。けど、まだ女性として扱われたい」そんな思いがあってパパ活をしている方もいます。

もちろん未婚者であっても、男女の関係を持ちたくてパパ活をする方もいるでしょう。お金が多少絡む関係性がパパ活だとしても、約束の仕方次第では、お金のやり取りをナシにもできますからね。

気軽に男女関係を持てるパパ活は「女性らしい体験をしたい」という方もすることがあります。

なんだかんだ言ってもお金は大事

ここまでこの章で「パパ活女子がパパ活をする理由」について、お金以外の面から解説してきましたが、いろいろ言っても、やっぱり「お手当」。つまりお金が目的という方は多いはずです。

お金は人生の選択肢を広げてくれる大切な要素ですからね。

実際、パパ活女子は20代前半以下の若い世代が多いので、日本においては基本的に贅沢のできない環境にあります。でも、若いからこそお金を使って体験をしたいことがたくさんあるはずです。

反対に、少し年齢が高くなって落ち着いてきたパパは、お金を持っていても楽しめる体験が少なくなってきます。そんな時、パパ活女子と新しい出会いを持って、お金を払ってでも楽しい体験をしたい。と思う方が少なくありません。

お互いの需要と供給がマッチングして、体験を生み出すパパ活は、お金が絡む関係だったとしても、win-winの関係になれることが多いです。

良い関係性でいるために、お金が大事なこともあるんですよね。パパ活に限らずですが…。

パパ活は悪いこと?|人の価値観はそれぞれ

いろんな目的があってパパ活をしている女子がいることを解説してきましたが「目的があってもパパ活は悪いことじゃない?」と思う方もいるかもしれません。

「良いこと」「悪いこと」について判断するのは、価値観の違いです。つまり、人によって捉え方が違います。

たとえば、お金に関する価値観について考えてみましょう。

「若い内にお金をたくさん使って経験を得た方が人生が豊かになる!」と考える人と「ちゃんと節約して老後に備えないと…。若い内にたくさんお金を使ったら不幸になる。」と考える人、どちらが正しいのでしょうか?

どちらも、その人の中では正しいはずです。人は、さまざまな経験や考え方の違いで価値観にも違いが生まれます。

パパ活は違法ではありません。もちろん、グレーゾーンという捉え方もありますが、たとえ「体の関係」を持ったとしても、それを取り締まる法律はないのです。もちろん、デートなら、当然ながら取り締まれません。

売春として裁かれるのは、それを勧誘したり、提供したりする者だとされています。

法律でも判断が難しいパパ活。果たして「悪いこと」と判断するのはどんな方法でしょうか。かなり難しいところです。

大人同士が、お互いに納得して良い関係性を作り上げているなら、それは悪いことではないとも言えますよね。そこから恋愛に発展するケースもあるのですから。

もちろん、強制したり、18歳未満の方と関係を持ったりするのはダメですよ!

パパ活をするにしても、色んな理由があるんだなぁ。
管理人
その通りよ。もちろん1つだけの理由を抱えているとは限らないわ。それぞれ色んな背景を持って、複数の目的を持ってパパ活している女子がいるの。だから、パパになるならお金を払っているからと横暴にならないで、優しく接してね

パパ活は怖い?|怖さは環境・相手・年齢で変わる

「パパ活から事件に巻き込まれるとも聞くし、ちょっと怖そう…。でも周りでやっている子もいるし悩むなぁ。」

という方もいるでしょう。テレビなどは稀なケースを大々的に放送して視聴率を確保するので、あまり参考にはなりません。たとえば、お金をたくさん稼いだ「億り人」の例も同様に稀なケースを報道しているのです。

「絶対に安全」や「絶対に危険」というような白か黒かで分けられる事柄は世の中に多くはありません。ほとんどグレーゾーンなのです。

白か黒かを考えるのではなく、できる限り良い人に会える確率を上げていくことが大切です。

パパを探しているSNSやサイトで変わる

パパ活のできるSNSやサイトはいろいろあります。無料から有料のサイト、Twitterでも活動できるでしょう。サイトによってはサクラがいたり、上手くマッチングできないことがあります。

それだけじゃなく「パパの質」もサイトによって異なってくるので、そういった面で怖さも異なってくるでしょう。

基本的にはお金に余裕がある男性には精神的な余裕もあることが多いです。なぜなら、1人のパパ活女子との関係性が上手くいかなくても、次の方を探すお金や時間の余裕のある方が多いからです。

逆に、お金や時間に余裕の無い男性は「絶対、このタイミングで俺の思い通りにしてやろう」と考える人が多くなりがちです(全ての男性がそうとは限りませんが…)。次のパパ活が簡単にできないからですね。

なので「余裕のあるパパ」を探すことが、怖さを軽減するためには大切になるでしょう。

できれば、男性がサイトの有料会員であり、値段も高めの所であれば安心感は増します。

たとえば

・paters(ペイターズ)
・paddy67(パディロクナナ)
・PJ(ピージェイ)

などが比較的値段が高めで、男性に余裕のある方が多いでしょう。しかし、当然ながらお金を稼いでいる男性の年齢層は高くなりがちなので、その面も意識する必要がありますね。

怖いかどうかは結局パパ次第

「じゃあ、男性会員が有料で金額の高いところに登録すれば良いんだ!」と思うかもしれませんが、優良なサイトであっても結局はパパ次第です。

たとえば、巷ではあまりオススメされていないTwitterで出会ったパパがいたとして、その方が良い方かどうかなんて、会って関係性を築くまで誰にも分かりません。

ただ、有料会員の方は「金銭的余裕のある方が多い」という指標にあるのと、サイトによっては安全性を確保するための取り組みをしているので、安全性が増すということに過ぎません。

実際、その人の人間性が見えてくるのはメッセージのやり取りではないかと思います。何度もメッセージをやり取りする中で、お互いの関係性を深めながらパパ活をしていくことは、どんなサイトやアプリを使っても大切なことです。

有料サイトでなくても、良い人はいますからね。

18歳未満のパパ活は違法!

「怖い人じゃなければパパ活をしてみたい」と思っても、18歳以下の場合は違法であり、男性側にも迷惑がかかりますし、お互いに良い思いはしないのでNGです!

未成年で「体の関係」を持ってしまった場合、売春や未成年者略取・誘拐という罪に問われる可能性があり、男性は逮捕される可能性があります。

「女性は大丈夫」と考える方もいるかもしれませんが、犯罪に巻き込まれることはお互いに気持ちの良いことではありません。

令和4年から18歳が成年とされ、年齢の制限については曖昧になりつつあります。18歳以上は未成年に対する法律が適用されなくなるかもしれません。しかし、安心してパパ活をしたいなら20歳以上になってからをオススメします。

パパ活って何をするの?|人によってバラバラだけど…

パパ活をする目的は、広く見ればバラバラだと言えますが、ほぼ8割方「これをするのだ!」と言えることがあります。それは、ほとんどのケースで「パパは女性と遊びたい」「パパ活女子はお金が欲しい」という2つの目的がマッチしているということです。

なので、だいたい何をするのかは分かってきます。やることは「遊び」に対して「お金」が払われる。ということに集約します。

「お手当」は絡む関係性は間違いない

「お手当」。つまり、お金が絡む関係性だからこそ、パパ活になります。もし、お金が絡まずに体の関係を持ったとしたら「セフレ」と表現されますし、お金が絡まないでデートしているなら「ただの仲良し」でしょう。

つまり、パパ活はお金が絡む状態で男女関係を築くことになりますね。

パパは基本的に「女性と遊びたい」

パパは、パパ活女子にお金を払ってまで何をしたいのか?と言いますと「女性と遊びたい」という欲求を満たしたいのがほとんどです。

もちろんパパの中には「ただ若い女子と話したい」や「若い女子を応援したい」「お金が余っているから暇つぶしをしたい」といった気持ちを持ってパパ活をしている方もいます。

しかし、それらの理由の背景を考えてみると「女性と遊びたい」という気持ちが見え隠れしています。本当に応援したい気持ちがあるなら、わざわざパパ活女子の時間を拘束してデートする必要がないのですから。

基本的にはパパは「女性と遊びたい」のです。さらに言ってしまえば「できれば体の関係を持ちたい」と考えている男性の割合は多いです。体感としては8割以上の男性がそう思っているでしょう。

パパ活女子は基本的に「お手当」が欲しい

パパ活女子は「お手当」。つまりお金が欲しいと考えてパパ活をする方が多いでしょう。

パパ活女子の中には「新しい体験をしたい」とか「女性らしい体験をしたい」といった目的をもって活動している方もいると、パパ活の目的を解説する章で説明しました。

もちろん、そういった方もいるのですが、パパ活をする以上「お手当」を約束しますよね?「お手当」を取らずに男女の関係を持つこともできなくは無いはずです。

つまり、ほとんどのパパ活女子は「パパ活」という選択肢を選ぶ以上、お金を目的にしているケースがほとんどでしょう。

お金がかかっても、可愛い女の子と楽しく遊べるなら嬉しい!けど、お金は厳しい!
管理人
あら、それは本音なのかもしれないけど、パパ活するならお金は必須よ。あなたがパパ活という関係を選んだならちゃんと役割を果たさなきゃね。女の子だって、勇気を出して会っているんだから。

パパ活のやり方・流れを解説

「だいたいパパ活のことは分かってきたけど、具体的にどうやるの?」という方のために、パパ活の流れを解説します!

一般的には以下の流れでパパ活ができるので、参考にしてください。

パパ活をするためにSNSやサイトに登録する

パパ活を始めるためには、まず「パパと交流できる環境」を探さなければいけません。いろんなSNSやサイトはありますが、自分に合いそうなコミュニティを探して登録することから始めましょう。

コミュニティによって、年齢層が違ったり、目的とすることが変わったりします。たとえば「真剣な恋愛をするコミュニティ」と「遊び相手を探すコミュニティ」があったとしたら、パパ活するなら後者の方が良いですよね。

他にも、パパの年齢層や年収なども選ぶ基準になるかもしれません。

なので、自分の目的に合ったSNSやサイトに登録することから始めましょう。複数登録するのもアリですよ。

プロフィールを設定する

どんなSNSでも、最初にプロフィールを設定します。パパ活をするために登録したサイトでも、これはほぼ同様です!

プロフィールはとても大切なので、注意して決めるようにしてくださいね。雑なプロフィールだと「アヤシイ…」とか「業者じゃないか…?」と思われてしまいますから。

では、どんな形にすれば良いのかというと

・素人感のある自然体な画像
・お金だけが目的じゃないと分かるプロフィール文章

が大切になります。

「パパはどんな女性と出会いたいと思っているのか?」をちゃんとイメージしてプロフィールを作り込むとパパ活が上手くいきやすくなります(作り込み過ぎてプロ感が出てしまうとダメですが…)。

パパは基本的に「普通の素人の女性」と遊びたいと考えています。プロの方と遊びたいなら、風俗やキャバクラなど、他に行く先がありますからね。

また「ただお金目的の女性を避けたい」とも思う傾向があります。せっかく、お金と時間をかけて出会ったのに、お金しか求められなくて寂しい思いをしたい人はいませんから。

なので、しっかりとパパをイメージしながらプロフィールを作ってみましょう。

情報収集と発信をする

利用するサイトによって、どんな関わり方ができるか異なってきますが、やることは決まっています。「パパの情報を集める」と「自分自身をアピールする」の2つです。

たとえば「ティンダー」のようなアプリであれば、相手にライクを付けてメッセージを送りあえる関係に持っていくことも「相手の見た目の情報を集めて」「自分自身からライクをしてアピールする」という行為を行っているのですから、自然とやっている行為ではありますね。

上記のように「1対1」のコミュニケーションをするか、Twitterのように「1対多数」の発信をするかによってもアピール方法は異なってきますが

発信は、相手に信用されるように気をつける。情報収集はプロフィールや発信をしっかり判断する。この2つを意識すると良いでしょう。

パパの探し方|パパを選ぶ

情報収集や発信を繰り返しているうちに、パパと絡むタイミングが現れるかと思います。そのフェーズになると「パパを選ぶ」段階です。

「ちょっと待って!まだパパと絡めてないよ!」という方は、まだパパを探す段階ですね。

パパを探すときは、掲示板のようなメッセージを大勢に向けて投稿できる場所でアピールしてパパからのコンタクトを待つか、検索機能などを活用して自分から情報を集めて個別にアピールしに行くかのどちらかでしょう。

プロフィールなどを主に参考にして「自分に合いそうなパパか」を見極めて選んでいくことが大切になります。

パパとコミュニケーションを取る

「この人なら良さそう」と思ったパパを見つけたなら、コミュニケーションを取りましょう。ここは重要なポイントです。

少しメッセージのやり取りが面倒だなと思っても、どんなパパなのか、少しでも分かるようにお話をしてみることをオススメします。

たとえば

・男性の職業
・男性の容姿
・好みの女性のタイプ

などを会話の中で自然に情報収集してみると良いです。なぜなら、男性の職業が高収入であったり、好みの女性のタイプに当てはまっているなら、お手当が高くもらえる確率は上がります。

男性の容姿があなたの好みでなかったら、ある程度の高いお手当で条件提示して良いでしょう。逆に好みの容姿をしていたら、お手当の金額を下げてもパパ活を誘導するのもアリですね。

以上のように、情報を得ることで、いろんな選択肢が考えられるので、ちょっと会話をしてみる中で自然と相手のことを知ることが大切になります。

パパと約束(契約)する

メッセージのやり取りをする中で「この人となら会ってみたい」と思えたなら、会う約束をしましょう。

顔合わせやデートをする時に、カフェなどが候補に上がりますが「パパが既婚者」であったり「地元を避けたい」とどちらかが思っていたりした場合は、単純に会いやすい場所を選ぶことは避けた方が良いです。

体の関係がアリなら、人目にかからないように最初からホテルの方が安全というパターンも考えられます(相手は見極めて選んでくださいね)。

「どんな場所で会うのが良いか」と質問してみて、パパの反応を伺ってみるなど、相手に配慮しつつ会う場所を決めていくと良いでしょう。

パパと会ってパパ活する

約束した場所で会ったら、メッセージなどのやり取りで決めた条件の内容でパパ活をしましょう。

ただ、お互いの約束で決めた通りに絶対進むとは限らないのが男女関係です。もしかしたらパパから「もう少し一緒にいたい」という言葉が聞かれるかもしれません。そこでどうするかは、お互いの関係値によって異なるので、その時に考えるしかないですが…。お互いの納得できる形を目指せると良いです。

少し話は変わりますが、パパに会う時の服装やタイミングなどについて。ここまで読んでいるあなたならきっと分かりますね?

パパとのコミュニケーションの中で得た情報をもとに「パパはどんな人か」を見極めて決めていくのが間違いないです。

きっちりしている人とパパ活する時に遅刻したら雰囲気は悪くなりますし、好みの服装のタイプを聞いて、それに合わせていけば、好かれる可能性は上がります。

ちょっとあざといと思うかもしれませんが、2人の関係性を良くできることがあるなら、やってみた方が良いでしょう。損はしないですからね。

関係性を作り上げる

メッセージのやり取りでも関係性は作れますが、やはり顔を合わせてからが関係性作りの本番です。会えたなら、継続的に会えるような関係性を作り上げて、より良い条件で約束できるようにしていきましょう。

やはり継続的にパパ活できるような関係性を作ることは、安定した「お手当」をもらうために必要なことですからね。

最初に約束した条件から内容を変えていくことは簡単ではありませんが、お互いに納得できるような関係性を作りあげるのがベストですね。

高収入のパパと関係性を持てたなら「お手当」の増額もできる可能性アリです!

普通に楽しくコミュニケーションするもんだと思ってました…。
管理人
特に目的もなくSNSで交流するなら、それで良いと思うわよ。でも、パパに「良い子と遊びたい」という目的があるように、パパ活女子にも目的はあるの。自覚していなくてもパパ活という選択を選んだのなら、そういうものよ。

パパ活のルールやマナーはある?|パパ活は自由恋愛

パパ活を始めるにしても、一体どんなことに注意すれば良いのかが分からなくて、一歩踏み出せない方もいるでしょう。

そんな方のために、パパ活のルールやマナーについて解説します!基本的には以下のことに気をつければOKです!

パパ活は基本的に自由恋愛の延長と考える

基本的にパパ活にルールのようなものは存在しません。人それぞれの関係性を築いていきます。そういった意味では自由恋愛をしている彼氏彼女の関係のようなものです。

お店などと契約して、仕事としてパパ活をしている訳でもないので「お金が絡む」という部分以外は自由な関係性と言えるでしょう。

人によっては、カフェでたまにデートするだけの関係性を築くこともあります、あるいは「体の関係」だけの関係性を築くこともあるでしょう。本当に、パパとパパ活女子の関係性によってパパ活の内容は千差万別です。

ただ「何も意識しなくて良い」というほど自由だと捉えてしまうと、トラブルになりかねないので注意する点について以下に解説していきます!

お互いの関係性によって「公開できる関係か?」を考える

トラブルにならないよう意識する時、最も注意するべき点と言っても良いでしょう。パパ活女子側、パパ側、どちらか一方でも「隠したい」と思う関係性なら、初回に会う場所から気をつける必要があります。

「既婚者のパパ」や「彼氏持ちのパパ活女子」だったら、昼間から生活圏でカフェデートなんて、できないですから。

メッセージのやり取りの中でさりげなく「お互いにとって良い場所」を選ぶようにしましょう。実際にパートナーの存在まで打ち明ける必要はありませんが、場所選びには注意が必要です!

反対に「公開できる関係性」なら、場所は特に気にする必要はありません。お互いにフリーで、パパ活として出会ったけど、彼氏彼女にもなれる関係性だと考えるなら生活圏で会うことも選択肢に入れて良いでしょう。

パパ活というより社会的なマナーを意識した方が良い

「公開できる関係性か?」を重要視しておけば大きなトラブルは避けやすいですが、その他にも細かな注意事項はあります。

たとえば

・むやみに個人情報を聞かない
・お互いの関係をSNSに投稿しない
・画像や動画を残さない

などが挙げられるでしょう。

このあたりも結局は「公開できる関係性か?」という部分が根本にあるのですが、相手にパートナーの存在まで明かさないままパパ活をするケースも少なくないですから、プライベートな情報には細心の注意を払いましょう。このあたりはマナーです。

トラブルになって良いことはありませんからね。

パパ活じゃなくても、勝手にSNSにアップされて揉めたことがあります!
管理人
このあたりは、マナーとか思いやりの問題ね。難しいマナーを学ぶ必要はないわ。相手の気持ちを想像してみて、迷惑がかからないように振る舞うの。テクニックどうこうの話じゃないのよ。

パパ活で顔合わせするならどこで会う?|場所選びは関係性による

関係性によって、会うべき場所は変わります。以下に2つのケースに分けて解説しますが、パパ活をしている内に徐々に関係性が変わる可能性もあるので、絶対にどちらかのパターンを選ばなければいけないとは考えず「2人の関係性に会う場所」を選ぶと良いでしょう。

周りに公開できるような関係性なら生活圏エリアで会うのもOK

具体例を出すと以下のようになります。

・開放感のあるカフェ
・人通りの多い歓楽街
・ショッピングモール

人目を気にせずに会える関係なら、上記のような場所で楽しむのも良いですね。生活圏近くでデートするのも良いでしょう。

こういった関係性になるのは、パパ活といえど、いわゆる「付き合っている」状態に近いと考えられますが…。

パパ活していることを隠したいなら目立たない所で会うべき

多くのパパ活では、目立たない場所で会うことを選択するでしょう。きっと、お互いの背景にいろいろ抱えている場合が多いでしょうから。

目立たない場所で会うとなると以下のようになります。

・夜のドライブ
・生活圏から離れた場所
・ホテル

ちょっと大人っぽい感じのデートになりますね。バレたくない関係性なら、できる限り夜に会うことをオススメします。視界が良い昼間だと、どうしても他人に見られやすい環境になりますから。

実際にパパ活をする時間ってどれくらい?|内容で変わる時間とお金

パパ活って、一体どれくらい時間がかかるものなのか?ということについて、なかなかイメージしにくいところがありますよね。

この章では、パパ活にかかる時間とお金について解説します。

顔合わせやカフェデートなら1時間程度でも良い

「パパ活って最初から結構時間がかかるものなのかな?」と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

初対面で顔合わせをするだけなら、1時間以下のこともあります。カフェで一緒に過ごすだけなら1時間程度ということもあるでしょう。もちろん、時間が短い分、お手当の金額は少なめになりますが…。

パパ活女子だけじゃなく、パパも初対面から長い時間を一緒に過ごそうと思うケースは稀です。

やはり、お互いのことを少し知って、長く一緒にいたいと思えてきたら徐々に会う時間を伸ばしていくのが一般的でしょう。

なので、不安がある場合こそまずは「顔合わせ」から初めてみることをオススメします。

初っ端から長時間のパパ活をする方もいますが、お互いの性格が合わなかったりすると結構大変ですからね。

旅行デートで1日以上時間をかけてパパ活する例もある

お互いの関係性が近くなってきて、長時間一緒にいても苦にならないような状態になってきたら、旅行デートをするケースもあります。

長時間一緒にいる分、お手当も高くなることが多いです。

多くのパパ活での旅行デートでは、お互いに関係性がバレにくいような少し遠くの場所で、車でのドライブなどをしながらプライベートな空間を作るデートになるでしょう。

長時間デートには、とにかくお互いの関係値が重要になります。友達と旅行するにしても仲良しじゃないと、旅行を楽しめませんからね!

逆に仲良しすぎて、お手当を少なめでデートするパターンになることもあり得ますが…。お互いの良い関係が保てるような条件で臨みたいところですね。

パパとの関係性で時間もお金もさまざま

パパ活はルールが無いからこそ、1時間以下の顔合わせから、1日以上かけた旅行デートまで、さまざまな楽しみ方があります。

基本的には、短時間であればお手当は安くなり、長時間であるほどお手当が高くなります。

しかし、絶対にその通りにはならないのがパパ活の面白いところでもあるのです。

たとえば、高収入のパパに気に入られたのなら、短時間で高額なお手当を得られることもあります。逆に、お互いの年齢が近くて、デートを楽しめる関係性なら長時間で体の関係アリのデートでもお手当が少なくてもOKになったりするのです。

その先には、パパ活ではない関係性に変化することも…

なので、パパ活の相場というものが存在しているにしても、当てにしすぎない方が良いのです。それほど自由度が高いと言えるでしょう。

たとえば、僕の見た目が好みじゃないからという理由でお手当の提示額が上がることもあるんですか?
管理人
ありえるわ。もちろん、直接的には伝えられないと思うけれど、女の子側の気持ちの問題ね。逆に見た目が好みだったら、お手当金額ナシに変わっていく可能性もあるのよ。そうすると関係性が変わってくるのだけれど。

パパ活はご飯やデートだけでもOK!|ただし稼ぎにくいかも…

「ご飯だけのデートで稼ぎたい!」と思うパパ活女子は少なくないでしょう。たしかに、食事を一緒にするパパ活だけで稼いでいるパパ活女子はいます。しかし、基本的にはレアケースであることを頭に入れておきましょう。

ここでは、なぜご飯デートだけでは難しいのかを解説していきます!

食事デートのお手当は5000円〜3万円くらい

「パパ活をしてみたい!」というパパ活女子の悩みとして、食事デートのみのパパ活ができるかどうか?があるでしょう。

実際、食事のみのパパ活をしている方はいます。お手当は5000円〜3万円くらいが相場とされていますが、ご飯のみパパを見つけられる確率は少なめです。さらに、高額のお手当をもらっているケースはさらに稀になるでしょう。

そもそも、ご飯だけの関係に高額のお手当を付けられるほど余裕のあるパパは少ないのです。

なので、ご飯だけのパパを見つけただけでレアケース。さらに高いお手当をくれるパパがいたら超レアケースということです。

ちなみに「体の関係」アリの相場の最低値は1万5000円とされています。つまり、1万5000円以上のお手当をご飯のみで得られるとしたら、それは相当すごいことなのです。

「たくさんお手当を稼ぎたい!」を考えているなら、食事のみのパパ活ではかなり難しいでしょう。

体の関係アリのデートのお手当は1万5000円〜10万円くらい

当然ながら、食事のみのパパ活よりも「体の関係」アリのパパ活の方がお手当が高くなります。

ただ、一般的な相場から大きく離れるケースはほとんど無いと思うようにしましょう。なぜなら、風俗などが競合になってきてしまうからです。

「相場観は地域によって異なる」という意見がパパ活界隈でも聞かれますが、主に競合である風俗の値段が「体の関係」アリのパパ活と連動しやすいと思っても良いかもしれません。

なので、田舎ほどお手当は安くなり、都会ほどお手当は高くなります。

では「風俗に勤めるより稼げないのか?」と言いますと、そんなことはありません。

素人の女性と関係を持てるからこそ、お手当を高めに出す方はいますし、デートにかかる時間も調整できますから、必ずしも稼ぎにくいものでは無いのです。勤めているお店に売り上げの一部を払うことも無いですしね。

ただ「体の関係」アリのパパ活で稼ごうと思っても注意するべきことはあります。

それは、自分自身で良いパパを見つけて、自分自身で良い条件交渉をして、自分自身で良い関係性を作り上げる必要があることです。全て、自分自身でやらなければなりません。

個人でパパ活をするのなら、身を守れるのも自分だけですから、しっかりとリスクを考えながらパパ活するようにしてくださいね。

よく見てみたら、相場の金額が重なってる部分がありますね。
管理人
パパ活の相場ってたしかにあるのだけれど、かなり曖昧で難しいのよね。一気にたくさんの人とできることじゃないから、個人間のやり取りがほぼ全てなの。お互いにメリットを感じられる条件で付き合えたらベストね。

失敗しないパパ活のコツはあるの?|リスクをコントロールしよう

結論として「良いパパ」に当たれば、パパ活は成功になるのですが、問題は「良いパパに当たるかどうか分からない」という点ですね。

以下にパパ活の失敗を避ける方法を紹介します!

利用するSNSやアプリやサイトでリスクを軽くする

パパを探すために使うSNSやアプリ、サイトによってリスクは異なってきます。当たってしまったら大変なパパについて考えてみると、以下のような事項が挙げられるでしょう。

・お金をちゃんと払ってくれない
・余裕がない
・良い場所を知らない

などです。これらに当てはまるダメなパパを避けるのが大切です。

基本的には、余裕を持ってパパ活をするためにはお金の余裕が必要になります。

ちょっと嫌な言い方になりますが「ここでムリヤリパパ活を成功させなくても大丈夫。お金はあるから。」といった余裕が、態度にも現れやすいのです。

当然、高収入の人は、いろんな良い場所を知っていることが多いですから、高収入のパパを狙った方が良いのは間違いないのです。

ただ、若くてあまりお金がないパパでも、いわゆる「兄活」のような感じで、すごくお互いに楽しめる関係性になれることもありますから、このあたりは好みで選ぶと良いでしょう。

なんにせよ、一般的には「会費の高いアプリやサイトに登録」することが、リスクを軽くできるでしょう。

会費の高いアプリほど、パパの年齢層は高めになるので、そのあたりは注意してくださいね。

メッセージのやり取りでリスクを軽くする

会費が高く、質の良いアプリやサイトに登録しても、その中で良いパパを選ぶ必要がありますね。また、会費の無いようなサイトでパパ活する時であっても「選ぶ方法」が大切になります。

しっかりとパパを判断するためには、メッセージのやり取りをしっかりと行いましょう。

パパ活女子は「お手当が欲しい」と考えてパパ活をする方が多いので、ちゃんとパパとメッセージのやり取りをせずに条件だけ決めて、すぐに会う方が多いのですが、これは危険です。

相手がどんな人なのか、全く分からない状態で会うことになりますからね。

パパからすれば、女子とメッセージのやり取りができると嬉しい方が多いはずですから、意識的に交流しようと思えば、そんなに会話に困ることはないはずです!

相手の情報を聞き出しながら、信頼できる人なのかどうかを判断してからパパ活の約束をするようにしましょう。

約束と契約でリスクを軽くする

最もリスクが高いのは、最初から「体の関係」を持ったり、最初から長時間のパパ活をしたりすることです。

もちろん「早く稼ぎたい」という思いがあって、最初からリスクのある関係になることを否定はしません。

ただ「怖い」という思いがあったり「リスクを減らしたい」という思いがあるのなら、最初から「体の関係」や「長時間のパパ活」は避けましょう。

具体的にどのようにリスクを減らすかというと。たとえば

・最初は「顔合わせ」で会う時間を短くする
・最初から高いお手当を求めない
・2人きりの空間を避ける

などが挙げられます。これらを意識すると、リスクを軽減できるでしょう。

これと逆のパターンをイメージするとリスクが高まることが簡単に想像できると思います。

「最初から高額なお手当を約束して、2人きりで長時間デートする」

どうでしょうか?当然ながら、この条件の内容からしてパパの方も期待をしてしまいますから「体の関係」を含めた、内容の濃いデートになりやすいでしょう。

なので、約束と契約についてしっかりと考えてパパ活をした方が良いのです。

会い方でリスクを軽くする

約束と契約の話で「2人きりの空間を避ける」という話をしましたが、これが会い方でリスクを回避するために大切です。

安全に会うためには以下の方法が考えられます。

・人通りの多い場所で会う
・個室以外のお店で会う
・内装の見えるカフェで会う

などが具体例になります。優しいパパなら、ちゃんと怖く無いような場所を選んでくれるかもしれませんが、パパに任せてしまうと最初から個室を選ばれる可能性もあるので、リスクを回避したいのであれば

「行ってみたい場所がある」などと伝えて、リスクの低い場所で約束するようにしましょう!

パパ活するならまずはサイトをちゃんと選ぶことから始めよう!

パパ活をするためにパパを探すサイトやアプリ選びは、土台のようなものです!ちゃんと自分の目的に合っていて、求めるパパの像に当てはまるような方が多いサイト選びが、まずは大切になります。

たとえば「高収入で年齢層が高めの落ち着いたパパ」と「収入はそこまで多くなくても若くてお兄さんみたいなパパ」を探すのでは、選ぶべきサイトやアプリは異なってきますからね。

もちろん、メッセージのやり取りが上手くなれば、ある程度は無料SNSでも判断できるようになりますが、そのあたりが難しい初心者だからこそサイト選びにこだわった方が良いでしょう。

パパ活は、リスクを自分でしっかりと考えながらやってくださいね!