セフレとの連絡手段はどれが一番おすすめ?

セフレとの連絡手段はどれが一番おすすめ?

管理人
セフレと連絡をとる時ってどんな手段がいいか知ってる?
え?普通に彼女や友達と同じようにじゃダメなんですか?
管理人
ダメダメ、セフレとの連絡手段は他の人と同じにしちゃいけないのよ。
じゃあどんな連絡手段を使えばいいんですか?

この記事では、セフレとの連絡手段に関して知っておきたいことをまとめています。

おすすめのセフレとの連絡手段や、セフレとの連絡で注意するポイントなど役立つ情報がわかります。

管理人
とにかく最後まで読んでおいて損はないわ!
わかりました!(セフレいないけど…)

セフレと連絡はとるべき?

セフレと連絡はとるべき?

管理人
セフレと連絡をするのが面倒って思う人もいるけど、一応連絡のやりとりは必要なのよ。
確かに最低限は連絡する必要ありますよね。
管理人
そうなの。まずは、セフレと連絡をとらなければならない理由を説明するわね。
はい、参考にします!

最低限定期的に会うための連絡は必要

いくら恋人ではなく体だけの関係だとしても、定期的に会わなければセフレという関係は成立しません。

セフレというのは男性にとっては贅沢で憧れの存在なので、せっかくセフレができても連絡をしないまま音信不通になってしまうのは非常にもったいないです。

定期的に会ってセックスをするという都合のいい関係を続けたいのであれば、最低限相手の都合を聞いて会う約束をすることは必要です。

セフレはいつでも暇だとは限らないので、会いたいと思ったら前もって連絡をして、待ち合わせ場所なども決めなければなりません。

適度にコミュニケーションをとった方が長続きする

体だけの割り切った関係とは言っても、セックスをする時だけしか連絡しないとなると、女性側としてもあまり気分はよくありません。

普段から全くコミュニケーションをとらないようなよくわからない男性とは、セックスをしたいと思えない女性も多いです。

円満にセフレ関係を継続させるためには、恋人同士のようなラブラブなやりとりを頻繁にする必要はありませんが、普段から多少の世間話などコミュニケーションをとっておくことをおすすめします。

一緒にいてそれなりに楽しいとか、安心感を感じてもらうことができればセフレとの関係も長続きさせることができるはずです。

魅力的なセフレなら普段から連絡してキープしておいた方がいい

セフレは本命の彼女ではないし、わざわざ普段から連絡をする必要はないと考えている男性もいます。

しかし、セフレが魅力的な女性である場合、他の男性から声がかかることもあり、本命の彼氏ができたりもっと条件のいい男性が現れると、乗り換えられてしまう可能性があります。

すると、せっかくの魅力的なセフレとの関係が終わってしまい、好きな時にセックスができるという生活もできなくなってしまいます。

セフレはいつでもセックスさせてくれるものだと安心はせずに、キープするためにも定期的に連絡のやりとりはしておきましょう。

管理人
セフレだからといって連絡をしないで放置するのはダメよ!
セフレも大切にしなきゃ、なんですね。

セフレとの連絡手段はどんなものがある?

セフレとの連絡手段はどんなものがある?

管理人
それじゃあ、セフレとの連絡手段について説明するわね。
どんな連絡手段があるんだろう?
管理人
いろいろな連絡手段があるからまずは一通り紹介するわ。
はい、しっかりチェックしておきます。

電話

昔から使われているカップルの連絡手段といえば「電話」です。

今ではスマホが普及しているので、固定電話いわゆる家電で連絡をとることはほとんどありませんが、やはり通話による連絡は話が早く確実です。

お互いの声を聞きながら話を進めることができるので安心感もあります。

ただ、電話の場合は相手にかけてもタイミングによっては仕事中だったり運転中など手が話せない時で出てもらえない場合もあります。

逆に自分が相手からの電話に出られないこともあります。

セフレと電話で連絡をとる場合は、仕事の時間に重ならないようにしたり、夜中や早朝などの連絡を避ける必要があります。

また、不在着信が残っていたら時間がある時に早めに折り返しましょう。

LINE

スマホユーザー同士ならもっとも便利で手軽な連絡手段はLINEです。

お互いにLINEを開いている時ならリアルタイムでメッセージのやりとりができますし、もしスマホを見れない時があっても、メッセージが届いていたら時間のある時に返信することができます。

未読・既読も確認することができるので、相手がメッセージを読んだのかどうかもわかるのがメリットです。

セフレに電話をする時間がない時や、電話で話すまでもないことを伝えたい場合には、LINEが非常に便利な連絡手段だと考えられます。

メール

LINEが普及するより前に広く使われていた連絡手段がメールですが、今でもメールは連絡手段としては根強く多くの人々に使われています。

自分または相手が、あるいは双方がガラケーユーザーであったり、スマホを持っていてもLINEを使っていない場合には必然的にメールでやりとりをすることになります。

LINEが手軽に短いメッセージのやりとりをするのに対し、メールはどちらかというと長文でのやりとりが行われることが多いです。

メールはLINEのようにスマホの画面にメッセージの本文が表示されないので、周りの人にやりとりを見られたくない場合にも向いています。

SNSのDM

TwitterやInstagram、Facebookなどの SNSを使っている人が多い現代では、そういったSNSのDMでやりとりをすることも可能です。

お互いにSNSを日常的に使っていて、フォロワー同士になっている場合はDMで連絡をとるという方法もあります。

LINEやメールと比べると面倒くさく感じられそうですが、それらに比べると第三者にやりとりを見られにくいのがメリットです。

一般的なカップルの連絡手段にはあまり向いていませんが、セフレという秘密を守りたい特殊な関係にある場合は手間をかけた方が安全にやりとりをすることができます。

管理人
それぞれの連絡手段にメリット・デメリットがあるのよね。
どの連絡手段が一番いいのかな?

セフレとの連絡手段で一番おすすめなのは?

セフレとの連絡手段で一番おすすめなのは?

管理人
セフレとの連絡手段は、本命の彼女がいるかいないかでも買える必要があるのよ。
確かに、本命の彼女にセフレとのやりとりが見つかったら終わりですよね…
管理人
そうよ、セフレとの連絡手段は、彼女や周りにバレないことが最優先なのよ。
バレにくい連絡手段はどれだろう?

本命の彼女がいるならLINEは避ける

本命の彼女がいるならLINEは避ける
LINEは現代のスマホユーザーにとってもっとも身近で手軽な連絡手段です。

それだけについ油断して彼女にバレてしまいがちです。

スマホの画面をロックしていてもセフレからのLINEが来ると通知や内容が表示されてしまいます。

また、うっかりLINE画面を開いたままスマホを置いておくと、彼女にセフレとのトーク画面を見られてしまうこともあります。

そして、LINEは短文を簡単に送れてしまうので、セフレに送るメッセージを間違えて本命の彼女に送信してしまうこともあります。

メールは見落とす可能性がある

メールの方がLINEよりは本命の彼女や周りの人からやりとりを見られにくいです。

ただ、普段からメルマガなど多数送られてきている場合は、セフレからのメールが受信履歴の中で埋もれてしまい、届いていたにもかかわらず見落としてしまう可能性があります。

また、LINEで送信したメッセージは後から削除することもできますが、メールは一旦送信した内容は送った側からは削除することができません。

もしセフレに送るはずのメールを本命の彼女に間違えて送ってしまった場合、弁解の余地がなく詰んでしまうことになるでしょう。

DMは誤送信が心配

SNSのDMでのやりとりは、彼女や周りの人からちょっとスマホを見られたくらいでは発見されにくいので、内容や相手を誰にも見られたくない場合には向いています。

しかし、SNSで本命の彼女とも相互フォローしている場合は、セフレに送るはずのDMを本命の彼女に誤送信してしまう可能性もあります。

誤送信に気づいた時点で削除することはできますが、送信した時点で相手のスマホ画面に通知がいってしまうので、言い逃れをすることはかなり難しく大ピンチとなります。

電話だと証拠は残らない

セフレとの連絡手段に一番おすすめなのは、実は古典的な「電話」です。

電話での通話は履歴には残りますが、盗聴でもされない限りやりとりをした内容はわかりません。

通話を終えた後に履歴を消去しておけばセフレの存在がバレることはまずありません。

万が一間違えて本命の彼女に電話をかけてしまった場合でも、電話に出た時に間違えたことにすぐに気づくのでごまかすことが可能です。

セフレとやりとりした証拠を絶対に残したくないのなら、面倒でもできるだけ電話で連絡を取り合いましょう。

管理人
セフレとの連絡手段は電話が一番安全でおすすめよ!
意外にも昔ながらの方法が確実なんですね。

セフレとの連絡手段で気をつけるポイント

セフレとの連絡手段で気をつけるポイント

管理人
セフレと連絡をする時は、特に本命の彼女がいる時は慎重にならないといけないの。
彼女以外にバレてるのも避けたいですよね。
管理人
なるべく周りにバレずに証拠を残さないようにやりとりするための注意点を説明するわ。
大事なポイントですね!

誤送信に十分注意する

友人に送るLINEやメールを間違えて上司に送ってしまったという経験のある人はいるのではないでしょうか。

このような真っ青になってしまうような失敗は、男女間でもよくあります。

セフレに送るはずだったメッセージやメールを本命の彼女に送ってしまうと、内容にもよりますがセフレがいることがバレてしまう可能性が高いです。

待ち合わせの日時を決める内容ならまだギリギリごまかしようはありますが、行き先のラブホテルの名前を出していたらもう切り抜けることは不可能です。

セフレに連絡をする時にやむを得ずLINEなどの手段を使う場合は、必ず宛先を間違えていないか慎重に確認してから送信することを心がけましょう。

消去できるやりとりはできるだけ消去しておく

消去できるやりとりはできるだけ消去しておく
LINEやメールのやりとりは確認し終わった後なるべくすぐに削除しておくのが、バレないための基本です。

どんな内容でも、全て削除しておくことで本命の彼女の目に触れることはありません。

面倒に感じてしまいますが、セフレの存在がバレないようにするためには、こまめにLINEやメールを削除することを心がけてください。

ただ、いくらLINEの内容を削除してもセフレのアカウントは残っています。

メッセージのやりとりがあったはずなのに全て削除されていると、かえってやましいことがあるのだとバレてしまいます。

そのため、LINEのやりとりを削除したからといって安心はしないようにしてください。

あまり親密な内容のやりとりはしない

もしもうっかりLINEやメールでのやりとりを本命の彼女や周りの人に見られてしまった場合、体の関係があり親密な間柄であることがわかる内容だともう言い訳をしてごまかすことはできません。

万が一セフレ宛てのLINEやメールを本命の彼女などに誤送信してしまった場合も同様です。

人間誰しも気を抜いてしまう時や間違いはあるものなので、常にそのことを頭に入れて、普段からあからさまな内容をやりとりすることを避けましょう。

世間話や、会う日時など当たり障りのない内容だけにして、行き先のホテルの名前を出す時には「いつもの場所」というように伝えたり、電話で話をするようにしましょう。

電話で証拠を残さない

セフレとの連絡手段では、一番やりとりの残らない電話が安全で確実です。

証拠を残さないためには、LINEやメールは使わずに電話で連絡を取り合うことが基本です。

ただ、電話なら証拠が残らないから大丈夫、と安心しきってしまうのは危険です。

電話でやりとりをした場合には着信・発信履歴が残ります。

もし頻繁にセフレの名前で着信・発信履歴が残っていたり、真夜中など不自然な時間に履歴があると、本命の彼女に見られた時に怪しまれる可能性大です。

セフレと電話でやりとりをしたら、着信・発信履歴を削除する習慣をつけておきましょう。

管理人
普段から注意をしていればセフレと連絡をしていることがバレるのを防げるのよ。
常に小さなことにも気をつけることが大切なんですね。

セフレとの連絡を安全・スムーズに行うためには

セフレとの連絡を安全・スムーズに行うためには

管理人
セフレと連絡を取り合うには慎重に行わないといけないわ。
彼女とか周りにバレたら困りますもんね。
管理人
セフレと安全にかつスムーズに連絡をとり合うためのアドバイスをするわね。
ここもかなり重要ですね。

お互いに彼氏彼女がいる場合は配慮する

自分にもセフレにも本命の彼氏彼女がいないという状況であれば、連絡のやりとりをそこまで慎重に行う必要はありません。

しかし、セフレに彼氏がいたり、お互いに本命の彼氏彼女がいる場合は当然絶対にバレないように連絡をとり合う必要があります。

自分が彼女と修羅場になってフラれたりするのは自業自得ではありますが、セフレにも迷惑をかけることになります。

女性の場合は彼氏が逆上してしまい暴力をふるわれるということも考えられるので、特にリスクが大きいです。

セフレに本命の彼氏がいる場合は、しつこく連絡をせずに最低限用事のある時だけ、親密な関係であることがバレないような内容を送るか、彼氏と一緒にいないと考えられる時間帯に電話をするように配慮してください。

お互い話し合って連絡手段を決めておく

お互い話し合って連絡手段を決めておく
セフレとの連絡は慎重に行う必要がありますが、最低限の連絡だけしようとすると連絡がスムーズにいかない場合もあります。

電話でしかやりとりをしないとタイミングが合わず、お互いが出られない時に電話をしてしまいすれ違うこともよくあります。

メールやLINEも時々しかしないと埋もれてしまい見落とされて返信が遅くなることもあります。

セフレとはスムーズに連絡をとり合うことができるよう、最初にどの手段で連絡をとり合うかを決めたり、普段連絡をする曜日や時間帯を決めておくと安心です。

返信はなるべく早めにする

セフレと連絡をとり合う際には、セフレだからといって返事を彼女や友人より後回しにしてしまう人もいるかもしれません。

しかし、セフレこそ普段堂々と連絡をとり合うことが難しい関係であるため、返信が遅れると会う約束もままなりません。

忙しい時には面倒でも、いざ時間ができてセフレと会いたくなった時にはスケジュールが合わなかったり、連絡がつかなくなったりすると困ります。

セフレからLINEやメールが来たら短文でもいいのですぐに返信したり、電話もなるべく早めに折り返すことをおすすめします。

電話帳には本名で登録しない

電話帳には本名で登録しない
電話帳にセフレの連絡先を本名で登録していると、彼女に見られた時や彼女といる時に電話がかかってきた時にバレてしまうので大変危険です。

ただ、バレないようにと男友達や架空の会社名で登録する人もいますが、この方法は必ずしも安全とは言い切れません。

彼女といる時に電話がかかってきて、通話中の声が女性だとわかったりあきらかに仕事の雰囲気ではないと感じられたら、逆に怪しまれてしまうことになります。

名字を自分と同じにして親戚であるように思わせたり、名前を登録せずに間違い電話のフリをした方が安全ともいえます。

管理人
セフレとの連絡は慎重になるだけでなく、対策をした上でスムーズにやりとりすることが大切よ。
しっかり対策をしておけば安心ですね!

まとめ セフレとの連絡手段は直接電話でやりとりするのがおすすめ!

セフレとの連絡手段はいろいろとあり、基本的には双方にとって都合のいい手段を使うのが一番ではありますが、お互いに本命のパートナーがいる場合は、とにかくバレないように、証拠を残さないようにする必要があります。

現代の人々の間では連絡手段とはしてはLINEが主流であり、便利で手軽ではありますが、やりとりの内容が残ってしまうためバレるリスクが高くなります。

また、手軽に送信できる分誤送信という絶対にあってはならない失敗も起こり得ます。

このようなリスクは、LINEだけでなくメールであっても同様にあります。

証拠を残さず、もしもの時にも言い逃れができるという点で、セフレとの連絡手段には電話を使うのがもっともおすすめです。

見落としや行き違いの心配もありません。

ただ、電話もかけるタイミングによってはお互いの彼氏彼女にバレてしまうリスクは高いので、時間帯を前もって決めたり、本名で登録しないなどの対策は必要です。

管理人
セフレとの安全な連絡手段はやっぱり電話というのが結論よ。
わかりました!電話で連絡を取るようにします!(セフレも彼女もいないけど…)