セフレがいる男性必見!後腐れないセフレとの別れ方

セフレがいる男性必見!後腐れないセフレとの別れ方

性的欲求を解消できる都合のいい関係、セックスフレンド。
男性にとってセフレは、とても重宝するものですよね。

彼女にはできない卑猥なプレイができたり、快楽だけを追い求めたセックスができるのもセフレならでは。

しかしどんなに身体が素晴らしく、相性抜群でも何度も抱いた女性に男性は飽きてしまうもの。

そしていざ別れようと思っても、意外と無難な別れ方がわからないのがセフレとの別れ方なんです。

付き合っているわけでもないし単なる遊びでもなく、お互いの欲求をぶつけ合って身体を求めあう、そんなあいまいな関係。

セフレという関係そのものが特殊すぎるのが根本原因ですが、本当に後腐れなく別れるのが難しいんです。

そこで今回は、状況やタイプ別のセフレとの別れ方を実体験をもとに解説していきます。

実際にセフレとの別れ方に失敗し、家庭を崩壊させてしまった友達を何人も見ていますので、知っておいて損はありませんよ。

セフレとの関係を客観的に見てみよう

セフレとの関係を客観的に見てみよう

管理人
最近セフレができたそうですね!おめでとうございます。
ありがとうございます!
色々教えてくださった先生のおかげです!
管理人
で、どうですか?
セフレを作ってみて。
えっと、今度はもう少しおっぱいの大きなセフレを…
管理人
もう別れる気ですか?
まあ別にいいんですけど…
別れ方気を付けてくださいね。
え?
どういう意味ですか?
管理人
別れ方ひとつで女性が牙をむく可能性があるという事ですよ。
怖いっ!
どうしたらいいでしょうか?
管理人
はあ、仕方ありませんね。
とりあえず今の関係を客観的に見て、正しい別れ方を判断していきましょうか。

セフレと言っても関係は様々。
まずは別れを切り出したいセフレとの関係性を客観的に見てみることから始めましょう。

チェック

  • セフレになってどれくらい経ったか
  • およそ何回くらい身体の関係を持ったか
  • 依存していないか
  • 月に会う回数は?

など、今一度よく思い出してみてください。

それによって別れ方を変えていかないと、後腐れない別れ方は出来ません。
状況別の別れ方については、後で詳しくご説明いたします。

自分がなぜ別れようと思ったか

自分がなぜ別れようと思ったかについても考える必要があります。

タイミングについては別れたくなった時でいいと思いますが、その理由についてはまずしっかりと頭の中で考えるようにしましょう。

ぶっちゃけセフレというものは、何人いても困ることはないので、キープできるのであればしておいてもいいと思いますのであれですが、そこは自分のキャパシティとの相談ですね。

別れようと思う理由は実に様々。

別れたい理由

  • 単純に飽きた(もうこの女性としたいと思わなくなった)
  • 他のセフレで十分になった
  • 妻、彼女ができた
  • 関係を継続するのが面倒になった
  • もっといい女とセフレ関係になりたい
  • 時間的余裕がなくなった(仕事など)

など、人それぞれ色々な理由があると思います。

なぜ別れようと思った理由を考えるのかというと、自分が今本当に別れたいのか一度冷静になって考えることが、後々の後悔を残さないために重要だからなんです。

男性というものはないものねだりで、過去の女性を引きずったり後悔を残すことが多いので、自分の中で本当に別れたいのかという事の答えを出してから別れを切り出しましょう。

関係別タイプ分け

関係別タイプ分け

管理人
別れたいと思っているセフレとは、どんな感じなんですか?
えっと、好きって言われたんで、イケると思ってとりあえず身体の関係だけさせてもらって…
あの時はとりあえず女なら誰でもよかったっていうか…。
管理人
…告白されて、身体の関係だけ?
それって女性側は付き合ってると思ってるかもしれないって事ですか?
そ、そうかもしれません…。
管理人
それは一番厄介ですね。
女性側が好きという感情があって、かつあいまいな関係ほど怖いものはないですよ。
ど、どうしよう…
管理人
大丈夫です。
そういう場合の対処法についてもしっかりとレクチャーしますね。

さて、ここからは関係別タイプ分けに移りたいと思います。
例外を除き、セフレ関係は大きく分けて3つのタイプに分けられます。

身体の関係だけ、一般的なセックスフレンド

まず一つ目がオーソドックスなセフレ関係。
これは完全にお互い割り切った関係で、特別な感情などないパターンです。

ただ単に身体の相性がよかったり、ドストライクな体つきであったり、名器であったりとセックスすることに特化した関係性と言えるでしょう。

元なんちゃら、気付いたらセフレ関係

次は昔から友達だった女性や元妻や元彼女など、元々は知り合いだったり付き合っていたりしたのですが、一度別れたりしてセフレ関係になったパターン。

これは少々特殊で、意外に別れるのが難しかったりします。

セフレ関係なのかはっきりしない

これが一番別れる際に注意しなければいけません。
自分は単にセフレとしか思っていなかったとしても、相手はどうもそうではないかもしれない。

妙に彼女ずらしてきたり、頻繁に連絡が来るなどした場合は、女性側はセフレと思っていないかもしれません。

このように大まかに3つのタイプに分けることができますが、それぞれに違った方法で別れを切り出さなくてはなりません。
タイプに応じた別れ方については後述します。

セックスの大まかなセックス回数も重要

セックスの回数も大きな指針になります。

女性は特にそうなんですが、セックスをすればするほど相手に依存しやすいもの。
それは女性特有の考え方によるものなんです。

  • 性的欲求のためにセックスを求められただけなのに、自分のすべてを求められていると思い込んでしまう
  • お互いの身体を見せ合って身体を重ねてセックスすると、心の距離まで近づいたと勘違いする
  • 好きな人としかセックスできない思っているので、セックス=愛情と思い込んでいる

そんな女性特有の考え方が、セックスの回数を重ねる事によって、どんどん強くなっていくのです。

つまりセックスの回数が多ければ多いほど、依存している可能性が上がり、ひいては別れる時に慎重にならなくてはいけないという事なんです。

セフレ関係における注意点とリスク

セフレ関係における注意点とリスク

管理人
あ、別れ方に失敗した時のリスクについてもお話しておきますね。
逆上して刺されるとかですか?
管理人
そうですね。
それはさすがに中々ない事ではありますが、可能性としてはありますね。
実際に傷害事件に発展した例もありますし。
ひえー。

どんな別れでも失敗してしまうと、大変なことになりかねません。

例えば意外に一番多いのが、家や会社に押しかけてくるというもの。

これはある程度防げるのですが、気持ちよくなった後というのは饒舌になりやすく、うっかり口を滑らせてしまいやすいので、注意が必要なんです。

まして結婚していたり付き合っている彼女がいる場合には、それをバラされるリスクもあることを理解しておきましょう。

会社や家の住所などをセフレに教えるメリットはないので、言わないよう徹底することが重要です。

セフレ関係はあくまでも身体の関係。
そう割り切ってあまり深入りしないようにするのが、被害にあわないための一番の予防になるのです。

訴えられるケースも

これは女性に限ったことではありませんが、逆上した人間は何をしでかすかわかりません。

中には訴えられたり脅されたりするケースもあります。
どうしたって訴えた女性側が有利なのは確か。

例え証拠不十分で不起訴になったとしても、訴えられた事実とセックスをしていたという事実は変わりません。

そのため訴えられた時点で確実に家族にはバレてしまいますし、最悪家庭が壊されてしまうことだってあります。
そうならないためにセフレとは慎重に後腐れなく別れたいですね。

別れ方の4パターン

別れ方の4パターン

管理人
別れ方の4つのパターンを説明しておきますね。
素直に言ったらダメなんですかね?
管理人
素直に言った方がすっきりもしますし簡単ですが、私はあまりお勧めしませんね。
別れた後の事を考えないのであれば別ですが。
それは、どういう…。
管理人
極端な話、刺されてもいいなら構わないという事です。
それは嫌です!

別れ方にもいくつかのパターンがあります。

素直に言う

これが一番簡単ですが、逆上される危険性のある別れ方です。

女性関係を理由に別れを切り出すと、かなりの確率で失敗に終わります。
セフレ関係を終わらせるうえではあまりお勧めできません。

自然消滅

これがセフレとの別れ方で一番多いかもしれません。

別れたいと思っていなくても連絡しないうちに何か月もたち、気付いたら自然消滅していたなんてこともあります。

基本的に自分から連絡して会う約束を取り付けていた人は、簡単に実践することができます。
ただ連絡を止めればいいだけなので、簡単ですね。

優しい嘘

どんなタイプであっても万能な別れ方である優しい嘘。

これは仕方がないと思わせることができるので、後腐れなく別れるにはかなり効果的です。

フェードアウト

多少時間はかかりますが、仕事を理由にすると効果的です。

少しずつ会う時間が無くなっていく感じになるので、依存度も徐々に下げつつ安全に別れることができます。

タイプ別の別れ方

タイプ別の別れ方

管理人
ここからが本題ですね。
ここまで聞いてきて別れ方の大切さわかってきましたか?
はい。
なので早く教えてください。
管理人
わかりました。
では3つのタイプ覚えていますか?
はい。
純粋な身体の関係、元カノ元妻など、とあとは、あいまいな関係ですよね?
管理人
そうですね。
そしてあなたとセフレの関係は、あいまいな関係ですね。
一番注意が必要なのでよく聞いてくださいね。

前述しましたが、状況やタイプに応じて別れ方を変える必要があります。

身体の関係だけ、一般的なセックスフレンド

基本的にはこれが一番簡単に別れることができます。

お互いが特別な感情を抱いていないという事が条件になりますが、あまり考えることなく別れを切り出しても問題ありません。

その際は、相手を傷つけないような最低限の配慮は必要になりますが、正直に別れを切り出しましょう。

ただ一点だけ注意したいのが、女性側は抱かれれば抱かれるほど依存してしまう傾向があると前述しましたが、そこのジャッジだけは正確に行ってください。

少しでも自分に依存しているなと思ったら、正直に別れを切り出すのは止めましょう。
身体の関係だけで依存もしていないのであれば、自然消滅も〇。

元なんちゃら、気付いたらセフレ関係

この場合は少し厄介ですが、お互いをある程度分かっているので、別れを切り出すのをそこまで慎重になる必要はありません。

ただお互いをある程度分かっているがために、別れを切り出すことが辛かったりすることもあると思います。

そんな時は>仕事を理由に少しずつフェードアウトしていき、自分も相手も自然に忘れていくという方法が無難です。

セフレ関係なのかはっきりしない

最後は一番厄介なこちら。
別れ方に一番気を付けなければなりません。

まずは相手がどの程度自分に依存しているかを見極めましょう。

あまり依存していないように見えるのであれば、はっきり別れを切り出してもいいですが、やはり無難なのは依存度を下げてからの自然消滅。

別れるまでに時間がかかってしまいますが、会う日数を減らしていき、依存度を下げさせることから始めましょう。

依存度が高いまま別れを切り出しても、余計に火が付くだけという事態に陥ってしまいます。

また、会う回数を減らしていく段階で、たまに会ってもなるべく優しくしすぎないようにすることが重要です。
興味がなくなったと徐々にわからせ、最終的には仕事を理由に別れることが一番後腐れなく別れられます。

また、優しい嘘をつくのも効果的です。
仕事で遠くに異動になったと嘘をついたりして、物理的に会う事が困難になったと嘘をつけば相手もあきらめざるを得ません。

その場合、たまたま街中で会ってしまっては嘘がバレてしまうので、家がある程度遠く行動範囲が被らないセフレ限定になりますが、とても効果的です。

別れ方の実例

別れ方の実例

管理人
ここからは実例をもとに解説していきますね。
はい!
お願いします。
管理人
実際にはこの通りに行かないかもしれませんが、参考にはなると思いますよ。

セフレ歴1年半、毎月2回のセックス、28歳主婦の場合

身体の関係のみでしたが、長い期間セフレとして関係を持ち続けたため依存度は高めでした。
まず少しずつ仕事を理由に会う回数を減らし、依存度を下げていきました。
その後、別れ話の内容はこちら。

  • 男性:最近あまり会えなくてごめんね
  • 女性:ううん、忙しいのわかってるし大丈夫
  • 男性:あのさ、ちょっと大事な話していい?
  • 女性:え?何?怖いんだけど
  • 男性:俺さ、異動になっちゃったんだよね。それもかなり遠いんだ
  • 女性:そうなんだ…じゃあ私たちの関係も終わりって事?
  • 男性:うん…そうなるね。ごめんね。急にこんな感じになっちゃって
  • 女性:大丈夫だよ。言ってくれないままバイバイより、言ってくれてよかった。今までありがと

このセフレは依存度は高いもののお互いをある程度分かっているため、理由をつけて別れようと思っていましたがうまく別れることができました。

セフレ歴半年、月3回のセックス、33歳未婚サービス業勤務の場合

元カノだった女性と偶然出会い、セフレの関係になったため少々複雑だと思ったのですが、サバサバした女性で助かりました。

依存度もそんなに高くないと判断したため、素直に言う事に。

  • 男性:俺さ、彼女出来ちゃったんだよね
  • 女性:そうなんだ。よかったじゃん
  • 男性:で、俺たち会うのやめようって話なんだけど…
  • 女性:うん、りょーかい。私もあんたよりいい男見つけないとなー

正直に言った方が後腐れなく別れられる場合もあります。
純粋に身体の関係のみであった場合は、正直に言った方がいい場合が多いです。

セフレ歴2年、毎週1回のセックス、25歳アパレル店員の場合

女性が完全に私に依存してしまったパターンでした。

このままではまずいと何度も関係を終わらせようと思ったのですが、身体がドストライクでずるずると関係を継続させてしまっていた女性です。

一度別れる話をした時に逆ギレされて以来、どうしたらいいか分からなかったのですが、仕事を理由に少しずつフェードアウトする形で別れることができました。

別れ話はしていませんので会話例はありませんが、大体3か月以上連絡が来なくなったら別れたと認識して問題ありません。

このように関係性やタイプに応じて別れ方を変えていくことがとても重要です。
セフレと言っても人間関係であることには変わりありません。
上記のように、なるべく円満に別れたいですね。

最後の手段

最後の手段

管理人
一応最後の手段も教えておきます。
これは円満とは程遠い方法になりますので、文字通り最後の手段として覚えておいてくださいね。
はい!
わかりました。

ここまで別れ方を書いてきましたが、どうやっても別れてくれない女性もいます。
依存度が高い場合はなおの事。
その場合の対処法は一つだけです。

連絡できる手段を消す、これに尽きます。
しかしこの手段はかなり面倒であると同時に、家や仕事場が知られていないことが条件になります。

電話番号やLINEはもちろん、女性が自分に連絡できないようにするのです。
一番手っ取り早いのは形態そのものを変えてしまう事ですね。

この手段はあまり使いたくはないですが、一応最後の手段として覚えておいて損はありません。

セフレを探したいなら

セフレを探したいなら
ここまでセフレと別れる方法を詳しくご説明してきましたが、男性にとってセフレはメリットの方が大きいのは言うまでもありません。

そしてセフレは別れ方さえ気を付ければ、何も怖いことはないのです。

私がよくセフレを作るのに使っているサイトはこちら。

女性会員数が多く、サクラや業者、キャッシュバッカーがいない安全なサイトなので、安心してセフレを探せます。

無料ポイントもありますので、それを使って何人かと出会う事も出来ますよ!

この出会い系サイトでセフレを作り、楽しいセックスライフをお過ごしくださいね。