割り切り出会い~おすすめのセフレ関係~

割り切り出会い~おすすめのセフレ関係~

割り切りという関係を望んでいる方も多いことでしょう。
しかし、この割り切り。
全く意味を理解していらっしゃらない方や、間違って把握してしまっている方が多いもの。

ここでは、割り切りとは何かについて紹介していきましょう。

セックスするのに金銭が発生する関係

セックスするのに金銭が発生する関係
割り切りの関係は、セックスをする変わりに、その報酬として金銭を支払うという関係になります。

身体だけの関係とお互いに納得するセフレの関係と間違っている方も多いですが、セフレの場合には、こういった金銭面でのやり取りは生じないのが前提です。

それじゃ、援助交際とは何が違うのとなりますが、これは年齢が未成年の場合の金銭を目的としたセックス関係を言います。
つまり、未成年者ではない成人がこの手の目的で、自分の身体を使い、お小遣いを稼ぐ行為ということになります。

こういったそれぞれの似たような関係との違いを把握しておくことによって、出会い系サイトなどを使って募集する際にも、トラブルに発展すること防ぐことが出来るのです。

グレーゾーンの関係だから安心

グレーゾーンの関係だから安心
売春は日本の社会においては、法律違反になります。
しかしながら、お互いの同意があれば、民事不介入といって、成人の肉体関係に口を出すことは、行政には出来ないことになっています。

グレーゾーンの行為であり、法律の弱いところをついている関係ですが、未成年者、児童を相手に行う援助交際とは違って、見つかった場合には言い逃れが出来ないといったことにはなりません。

援助交際の場合には、かなり問題視されるものの、成人以上の場合には、こうやっていくらでも言い逃れが出来るため、基本的には相当に目立った証拠を残さない限りは、罰せられることはありませんし、行政なども捕まえようとはしないものです。

直球では誘わない

証拠になるようなものとしては、例えば無料出会い系サイトや掲示板などの書き込みが証拠になります。
そこで「今週の金曜日1万5000円で○○付近のホテルでエッチ出来る人探してます。」なんていうのは、完全にアウトです。

そこでこれらのツールでは隠語を使って募集したりしています。
ホ別苺」「ホ別ゴ有15K」などといった隠語で交渉をしたり、募集の書き込みなどをするのです。

ホ別とは、ホテル代別。
苺は、いちご、つまり1.5となり1万5000円になります。

ゴ有とは、ゴム有り、つまりは、コンドーム着用でという意味。
15KとはKという単位が千になりますから、15Kは1万5000円ということになるのです。

このような隠語でやり取りをしていれば、それは証拠にはなりませんから、安心して交渉をすることができ、簡単にこの手の関係を築くことが出来ます。

割り切り出会いのメリット

割り切り出会いのメリット
セフレを探したいけれど、なかなかそういった相手が見つからない。
援交は捕まる可能性があって怖いし、神待ちをターゲットにするのも、リスクが高すぎると感じている。

そういった方の多くが、割り切りの関係に手を出している現状をご存知でしょうか。

割り切りの出会いには、多くのメリットが存在しており、とにかく初対面の女性とセックスをしたいと思っている男性には、オススメの関係なのです。

ここでは、割り切り出会いのメリットを紹介していきましょう。

実際に会えればエッチは確実

実際に会えればエッチは確実
一般的にこの手の出会いは、出会い系サイトなどのインターネットツールを使って探すものですよね。
この手の出会いは、セックス目的ばかりではなく、メル友や真剣な恋愛目的といった方も利用しています。

セフレ目的という女性でも、実際に会ってみてから、その後の関係はどうしようか決めるといったケースがほとんど。

つまり、出会い系サイトなどのネット上の出会いでは、ネット上での審査と、実際会ってからの審査という二つのハードルを乗り越えて、初めてセックスまでに持ち込むことが出来る。

でも、割り切りの出会いと最初から約束していれば、ちゃんと料金を支払ってくれるという保証さえあれば、実際に出会うということが実現できた場合には、確実にセックスが出来るメリットがあのです。

出会うまでの手間がない

他にもこの手の出会いのメリットとして挙げられるのは、一般的な出会いと比較して、実際に会うまでの手間がとても少なくて済むという点です。

割り切りメールの書き方は隠語でのやり取りで「ホ別苺で今日の○○時に○○に来れる人だけ返事を下さい」という書き込みをすれば、「OKです。目印は○○なのでよろしく 」といった返事が返ってくる。

たったこれだけで、余計なプロフ紹介や世間話などは一切ないため、会うまでの手間が本当に少なくて済むのです。

後腐れがない

そして最大のメリットとも言えるのは、後腐れのない関係であるという点でしょう。

この手の関係はセフレの関係などとも違い、警察などへの対策や、トラブル防止のため、一度っきりの関係で終了というケースが多いのです。

セフレなどの場合には、最初の内は満足しているけれど、関係を重ねていく内に情が移ったり、独占したいという気持ちが出てきたりして、関係を解消するのに手間が掛かったり、トラブルに発展してしまうことも少なくありません。

この関係であれば、大抵フリーアドレスでのやり取りですし、住まいや仕事などの情報も何も開示する必要はありません。

こちらはセックスを、むこうはお金を得られれば、それでいいわけですから、余計なことを知る必要もなく、関係もあっさり終えることが可能です。

いろいろな体験談を紹介します

いろいろな体験談を紹介します
割り切り出会いでは様々な体験談を見る事ができます。
ここではその一部を紹介していきましょう。

まさか一夜を過ごした彼は、、、

まさか一夜を過ごした彼は、、、
私は今までの人生の中で多くはありませんか、数回、男性と一夜限りの関係を持ってしまった経験があります。
その中でも、一番印象的なのが、普通では考えられないような出会いから発展してしまった一夜のことです。

それはある日私が友達と街中で飲んでいた日のことです。

金曜日の夜だったので私たちは飲むぞ!と意気込んで、楽しく食事をしていました。
すると友達が少し二人男性を呼んでいいかと訪ねてきたので、私はきにすることなく了解し少しするとその男性二人がやってきました。

私は特に悪くもよくも印象を持たず四人で楽しく飲んでいました。
ですが、私の友人は調子に乗って飲み過ぎてしまいダウン。
一人の男性が送って行くことに。

私はまだまだシラフだったし、残りの男性もまだ飲みたいということなので場所を変えて二人で飲むことに。

こんな出会い方で、さらにまだ出会って数時間しかたっていないのに二人で飲むことになるなんてね、なんて話をしながら楽しく飲んでいたのですがだんだん彼が口説き口調になり、私もお酒の勢いのあまり快くこのあと泊まることを了解してしまいました。

そして一夜を過ごし翌朝起きた時に衝撃的なことを聞いてしまいました。
なんと一夜を過ごしてしまった彼は私の友人のセフレだったのです。

友人も彼もそんなそぶりを全く見せることもなく隠していたので私は全然気づくことができませんでした。

初めて出会い、そしてその日に一夜を過ごしてしまった彼がまさか友人のセフレだったなんて。
私は後悔しかありませんでした。

もしも最初から、彼が友人のセフレだってわかっていたら二人で飲みにもいかなかったのに。

けれど私がこんなに気にしているのとは反対に彼はあっけなくまた時間が合えば飲もうねと言って、駅で別れました。
彼は自分の昔の彼女の友達とも関係を持つことなど平気なのでしょうか。

20代・会社員・未婚男性・福岡

福岡在住の20代。未婚男性会社員
割り切りの関係を始めたのは、もう3年前です。
きっかけは、若い頃にノリで始めた有料サイトです。

当時は大学生で、ちょっとチャラいサークルなどで遊んでおり、サークル内での女遊びも飽きたなという感じで、出会い系サイトに場所を移し、女の子を食いまくっていたわけです。

会社員になり、仕事に追われる日々になって、全く遊びなどは行っていませんでした。
その出会い系サイトに登録したことも忘れていたくらいで、女遊びなんかは、本当に眼中になかったんです。

ちなみに現在は、福岡在住、未婚、26歳で、食品関係の企画部に勤めています。

写メコンの写真がきっかけで

ある日、昔に使っていた割り切りサイトから、メールが来ているのを昼休みに発見しました。

「すごくかっこいいし、私の本当にタイプです。宜しければ、暇な時にでもメールを下さい。」といったような簡素な内容でした。

最初はサクラかなんかではないかと思ったんです。

だって、その当時の掲示板の書き込みが、「二十歳の大学生です。ルックスは、ハーフ系って言われます。身長180センチで優しいマダムが大好きなので、お金持ちのマダムさんにお小遣いつきで関係を希望したいなー」といった顔から火が出るような書き込みをしていたんですから。

ただ、写メコンテンストにも当時は応募をしていて、ある程度の評価もしてもらっていました。
ただそれも3年前の話。

23歳当時の僕は、新卒社員とさほど変わらず、茶髪などもやめ、黒髪で落ち着いたヘアスタイルをしていましたし、これは会ってもがっかりされるかなと思っていたんです。

本物の割り切り希望マダムだった

よくよくメールをしてみると、旦那さんとセックスレスになっている地元では何気に有名な企業の社長夫人のようでした。

「身体の関係で満たしてもらいたいってこと?」と聞くと「うん」という返信が返ってきます。

こちらもバレた時のリスクがあるかなと思ったので、ダメもとで、「それじゃ割り切りの関係でどうですか?」と質問すると、「こちらも最初からそのつもりだから大丈夫。2くらいでどう?」と返ってきたので了承しました。

win-winの関係

そんな感じで当時23歳の僕は、夫人のRさんと割り切りの関係を持ちました。

毎回会うたびに2万円のお小遣いをもらい、セックスの前には、食事を奢ってくれ、社長夫人ならではの帝王学のような知識も学ぶことが出来ています。

その代わりセックスは、彼女の望み通りに、とにかくこちらが奉仕するといったセックスで、完全に彼女のバター犬のようになっていますが、彼女が飽きるまでは、このwin-winの関係を続けられたらと思っています。

30代・会社員・既婚男性・札幌

30代・会社員・既婚男性・札幌
出会い系サイトを中心に割り切り出会いをしてくれる女性を探す日々を送っています。
きっかけは、北海道への転勤。

もともとは関東圏の人間でしたが、札幌に転勤することになり、妻と子供を残し、単身赴任することになったんです。

寂しさは半端じゃない

今まで当たり前にいた家族がいないというのは、本当に寂しいものです。

一人暮らしの経験がないわけではなく、最初は羽が伸ばせていいかなくらいに余裕を持っていたんですが、それも1ヶ月と持ちませんでしたね。

そこで思いついたのが出会い系サイト。
でも単純に寂しさを埋めるためのメール友達程度に思っていたんです。

アダルトな書き込みが多かった

メル友募集で当初は行っていたんですが、サイト外に出ることが難しく、ただメールをするだけでお金を浪費していくのが、馬鹿馬鹿しくなってきました。

よくよく書き込みを見てみると、本当に割り切り関係希望などのアダルトな書き込みをしている女の子が多く、こちらの方が需要が高いのであれば、こういう関係でもいいかなと思って、割り切り希望の女の子にメールをしてみたんです。

するとすぐにメールが帰ってきてその日の内に会うことになりました。

これまでは、返信が遅かったり、自己紹介などをしても、返信が来なかったりと、自信喪失しかけていたんですが、出会い系サイトを利用している女性達は、アダルトな出会いを求めているんだなと実感した瞬間です。

割り切りを勘違いしていた

割り切りという関係は、当初は、身体だけと割りきった大人の関係だと勘違いしていました。

だから、彼女達がいう条件付きの内容の「ホ別ゴ有2」などという文言の意味が全く分からず、「どういう意味?」などと野暮なことを聞いていた時もありました。

ネットスラングなどのコンテンツでリサーチして、この暗号の意味が分かりましたし、なぜ隠語にしているのかも分かりました。
また、自分の割り切りという関係への認識が大きく間違っていたことに気がついたんです。

そこからは話が早く進みました。

女子大生から30代の人妻まで、その日の内に連絡を取り、出会い、幅広い年代の女の子と関係を持てました。

風俗に行った方が良いとか、そもそも女を金で買うのはどうなのと思う方も多いと思いますが、やっぱり一時でも寂しさを埋める相手は欲しくなります。

それと勝手な言い草ですが、敢えてお金を支払うという関係にすることによって、妻や子供への背徳感が薄まります。

不倫関係やセフレでは本気になってしまう可能性があるので、僕のような単身者で寂しい思いをしている人間には、この関係はオススメだと思います。